【上林誠知】ソフトバンク上林誠知は期待の若鷹!成績や年俸をまとめました。2017年の日本シリーズで見せた悔し涙。トリプルスリーを狙える逸材、走攻守の揃った選手!

f:id:chobu0415:20171228185149j:plain

2017年シーズン、盤石な体制の投手陣、そして勢いのある若手から実績十分の頼れるベテランまで、総合力では確実に日本一であるソフトバンクホークスはその実力の通り、日本一に輝きました。

今回注目するのはトリプルスリーを達成した柳田選手を超えると豪語している若鷹の一人、上林誠知選手です。

個人的には柳田選手を超えるポテンシャルは十分に秘めていると思っている上林選手、過去の成績やこれからについて確認していきましょう!

同じくホークスの若鷹として今後を担っていく甲斐拓也選手についての記事もありますので、合わせてご覧下さい!

各種選手情報

ソフトバンク 上林誠知 選手プロフィール

  • 生年月日:1995年8月1日
  • 身長/体重:184cm/79kg
  • 出身地:埼玉県
  • 投打:右投げ左打ち
  • ポジション:捕手
  • プロ入り:2013年ドラフト4位

2017年シーズン情報

打撃成績

打率 試合数 安打 OPS
.260 134 108 0.736

守備成績

試合数 守備率 失策数 補殺
130 1.000 0 10

推定年棒

3,500万円(推定)

選手としての特徴

走攻守の三拍子が揃った選手です。

2017年シーズンでは交流戦まで打率を3割台に乗せ、若手ながら打撃面での存在感をアピールしていました。

チーム内規定打席到達の選手の中では6位となっています。

また、盗塁数ではチーム3位となっており、その走力にも注目されています。

(ただし、盗塁成功率は低いため、盗塁の技術については今後の課題と思われます)

そして意外にも上林は守備力の高い選手なのです。

守備指標の一つであるUZRでは、12球団1位の成績となっています。

上林誠知 松本剛 梶谷隆幸 鈴木誠也 ペゲーロ 長野久義
9.5 7.3 2.4 2.2 -4.2 -5.9

まだまだ課題はあるものの、前述の通り走攻守の三拍子が揃った選手だと思います。

球歴を振り返ってみる

出身は仙台育成高校

現ヤクルトの由規も母校でもある、仙台育成高校出身です。

(残念なことに2017年12月初旬に飲酒喫煙問題が発覚し、問題となってしまいましたが。。)

2013年にドラフト4位でソフトバンクホークスに指名され、プロ野球の道へと進みます。

意外にもプロ入り後は内野手の登録で二軍では三塁手として出場した経験があります。

高校時代からプロ入り後も含め国際試合の出場経験も多く、22歳ながら同世代の中では非常に経験豊富な選手であると思います。

2017年シーズンは天国と地獄を味わう

2017年春先の5月には月間打率.355という好成績を残し、レギュラーの座を盤石としていました。

なんと長打率は.634と素晴らしい数字を残し、OPSは1.018という結果でした。

この勢いでシーズンを走れるかと思いきや7月には月間打率.196という急降下。

以降も打撃の調子はあがらず、日本シリーズでは最終的にベンチ入りすることすらできませんでした。

ベンチで涙を流す上林選手

f:id:chobu0415:20171228192157p:plain

(出典元: THE NEWS α)

シーズン中に打撃不振に陥りながらもチームに貢献してきた上林選手でしたが、日本一となったその瞬間、目には涙が浮かんでいました。

当時のことについてのインタビューでは「何故泣いたのか、どういう気持ちだったか覚えていない」とありました。

悔しいという感情の一言に尽きるのでしょうが、感情があふれ出し抑えきれなくなった結果の涙だったのでしょう。

しかし、侍ジャパンとして無念を晴らす!

2017年10月12日に開催された、第1回アジアプロ野球チャンピオンシップの日本代表に選出されました。

韓国戦において、延長10回裏の攻撃で起死回生の同点3ランを打つなど、その存在感を示しています。

日本シリーズでの悔しさをバネに素晴らしい活躍を見せてくれました。

今後の上林誠知に期待したいこと

シーズンとして戦う体力

やはりシーズン序盤の活躍があっただけに、後半の失速は残念な部分がありました。

ポテンシャルは持っているものの、それを十分に生かし切れていない状況は本人もファンもモヤモヤすることでしょう。

シーズン通して戦い抜く体力、これに期待したいところです!

盗塁の技術向上

盗塁数が両リーグで20位までの選手の中での盗塁成功率ランキングにおいて、上林選手は20選手中20位(成功率:.500)という結果となっています。

※成功率1位は阪神上本選手で成功率.941

簡単に言えば、よく走ってくるけどよくアウトにできる選手であるという事です。

十分な足の速さがある上林選手なので、盗塁の技術向上には期待したいです。

参考:盗塁成功率ランキング(全球団) – プロ野球データFreak

悔し涙は成長する糧となる

シーズン中の活躍、侍ジャパンでの活躍、それらより日本シリーズ最終戦の涙が最も印象深く残っています。

この悔し涙はきっと成長する糧となるはずです!

2018年、そしてこれからのホークスを確実に担うことになるであろう若鷹にはより一層注目です!

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です