クリスマスギフトはアマゾンで!セール実施中!

【プロ野球100人分の1位 2018】バットコントロール部門の情報まとめ|西武秋山が見事1位に! #100人分の1位

【プロ野球100人分の1位 2018】バットコントロール部門の情報まとめ

本記事では『プロ野球100人分の1位 2018』の『バットコントロール部門』情報をまとめています。

個人的にはNPBに復帰したヤクルトの青木や西武秋山はランクインしてくるのではないかと予想しています。

去年は西武秋山でしたが、果たして2018年はどうなるでしょうか!

他部門に関する情報は以下記事にて全体をまとめていますので、是非合わせてご覧下さい!

全部門記事:【プロ野球100人分の1位 2018】全部門の情報まとめ|2018年シーズンは新しい顔ぶれが登場?!

【プロ野球100人分の1位 2018】全部門の情報まとめ|2018年シーズンは新しい顔ぶれが登場?! #100人分の1位

『プロ野球100人分の1位 2018 バットコントロール部門』ランキング

第8位:青木(ヤクルト)3票「番外編」

メジャーからNPBへ復帰、復帰直後は日本球界への適応に時間がかかったものの・・・。

やはりというか流石の結果へと収束していきました。まじですげえ!

リーグ内でも打率は4位という点も踏まえ、上位のランクインとなりましたね!

2018年シーズン成績
  • 打率:.327
  • 本塁打:10本
  • OPS:0.884

第4位:丸佳浩(広島)7票

2018年オフにFA宣言をし、巨人入りとなった丸が4位にランクイン。

三振数は多いものの、高いアベレージを残し広島のリーグ優勝に貢献したことは誰もが認めるところでしょう。

来年からは巨人で活躍すること間違いなしですが、果たしてどうなるでしょうか・・・!

2018年シーズン成績
  • 打率:.306
  • 本塁打:39本
  • OPS:1.096

第3位:宮崎敏郎(DeNA)15票

昨年はセ・リーグの首位打者、2018年シーズンは首位打者のタイトルを逃したものの、トップ10入りは果たしている球界屈指の安打製造機です。

特筆すべき点はその三振の少なさ。高いミート力で確実に前に打球を飛ばすことが出来る点は、チームとして非常にありがたい存在ですね。

3番打者として4番に確実に繋げることができる高いバッティングスキルは、相手チームにとって非常に嫌な存在。

DeNAをこれからも牽引するであろう宮崎にはこれからも期待したいですね!

2018年シーズン成績
  • 打率:.318
  • 本塁打:28本
  • OPS:0.894

第2位:近藤健介(日本ハム)17票

2018年時点で25歳ながらも、その卓越したバットコントロールセンスは球界でもトップクラスなのは間違いないでしょう。

現在のプロ野球界で最も4割打者に近いのは近藤では無いかと言われているほどで、シーズンを戦いきることができる体力やケガの状況さえどうにかなれば可能性は十分にありそうです。

2017年シーズンでは57試合のみの出場となりましたが、打率は.413と驚異の数字を残しています。

まだまだ伸びしろのある25歳、来シーズンの結果は如何に・・・?

【プロ野球】4割打者は過去に存在しているのか?イチローを超える存在、天才日ハム近藤の成績に大きな期待が掛かる!
2018年シーズン成績
  • 打率:.323
  • 本塁打:9本
  • OPS:0.884

第1位:秋山翔吾(西武)28票

やはり1位はこの人でしょう!

チームをパ・リーグ優勝に導いた一人であることは間違いない、獅子の1番が堂々のバットコントロールキングです!

1試合に5回や6回も秋山に打席が回ってくるとかもう恐ろしくてたまりませんね・・・。

先頭打者本塁打をはじめとした高いパンチ力、それでいて素晴らしいミート力、1番打者としてこれだけ嫌な選手は現在のプロ野球界には他にはいないと言っても過言ではありません。

全試合フル出場してくれる体力や自己管理能力といった点も本当に素晴らしい。とは言っても若干働きすぎな感じもあるので、大きな怪我だけが本当に怖いですね。

2018年シーズンオフには西武の戦力がごっそりと減ってしまうことから、翌シーズンからは特にプレッシャーがかかるポジションになることは間違いないでしょう。

今後の西武を引っぱっていく秋山にまだまだ注目です!

2018年シーズン成績
  • 打率:.323
  • 本塁打:24本
  • OPS:0.937