クリスマスギフトはアマゾンで!セール実施中!

【プロ野球100人分の1位 2018】パワーヒッター部門の情報まとめ|1位は西武ライオンズ山川穂高 #100人分の1位

本記事では『プロ野球100人分の1位 2018』の『パワーヒッター部門』情報をまとめています。

昨年のパワーヒッター部門の1位は大谷翔平でしたが、果たして今年はどんな顔ぶれになるでしょうか!

今年は両リーグで合計1600発を超えるホームランが生まれています。ここ数年ではトップの数字になるのでそれだけニューフェイスも登場しているということになります!

少々気が早いですが、来年の本塁打王やパワーヒッターは誰になるのか、非常に気になるところ。

それでは早速内容をご紹介していきます!

他部門に関する情報は以下記事にて全体をまとめていますので、是非合わせてご覧下さい!

全部門記事:【プロ野球100人分の1位 2018】全部門の情報まとめ|2018年シーズンは新しい顔ぶれが登場?!

【プロ野球100人分の1位 2018】全部門の情報まとめ|2018年シーズンは新しい顔ぶれが登場?! #100人分の1位

『プロ野球100人分の1位 2018 パワーヒッター部門』ランキング

番外編:吉田正尚(オリックス)0票

バットを折りながらのホームランということで紹介されましたが、残念ながら0票という・・・。

オリックスのこれからを担う若き4番として今後にも期待したいですね!

2018年シーズン成績
  • 打率:.321
  • 本塁打:26本
  • OPS:0.956

第5位:丸佳浩(広島)3票

広島東洋カープでチームを牽引した丸が5位にランクインです。

この丸にしてやられたという試合は非常に多いことでしょう・・・。勝負強さはもちろんのこと、試合をひっくり返すパワーも兼ね備えています。

そして特筆すべきは顔のでかさ。ホークス内川と丸の2人で抜かれたカメラでは奥にいるように見える丸が実は手前にいるというトリックを披露し、遠近感が狂ってしまったことによって視聴者の視覚に異常をきたすほど。

冗談はほどほどに、2018年シーズンオフFAの目玉とも丸選手、今後の去就には注目ですね!

2018年シーズン成績
  • 打率:.306
  • 本塁打:39本
  • OPS:1.096

第4位:ソト(DeNA)6票

セ・リーグの本塁打王であるソトが4位にランクインしました。

阪神戦で見せたセンターへの超絶低い弾道でバックスクリーンへ突き刺さるホームランは非常に圧巻でしたね。

2018年シーズン成績
  • 打率:.310
  • 本塁打:41本
  • OPS:1.008

第3位:バレンティン(ヤクルト)12票

日本のシリーズ本塁打記録を持つヤクルトのバレンティンがランクインです!

規格外のパワーはいまだ健在、セ・リーグの本塁打ランキングでは3位というヤクルトの長距離砲。

2018年シーズン成績
  • 打率:.268
  • 本塁打:38本
  • OPS:0.904

第2位:柳田悠岐(ソフトバンク)23票

ソフトバンクを2年連続で日本一へ導いた男、ギータこと柳田悠岐が2位です!

セ・パ両リーグの知名度的にも個人的にはギータは1位かと思っていましたが・・・。少しだけ予想が外れてしまいました。

ホークスファン以外の方でも、2018年の日米野球にてサヨナラホームランを打ったことは非常に印象的でしょう。

左バッターなのにもかかわらず左方向の5階席にホームランを打ち込むそのパワーはまさに変態的。

普段の発言が若干アレなのもGood。キャラクターもあって、ホークスファンからはとても愛されていますね!

メジャー挑戦のうわさもあったりなかったりですが、果たして将来どうなるでしょうか・・・!

2018年シーズン成績
  • 打率:.352
  • 本塁打:36本
  • OPS:1.092

第1位:山川穂高(西武)45票

47HRを放ったパ・リーグの本塁打の西武山川が見事1位です!

パ・リーグのシーズン1位を牽引したのは間違い無くこの人でしょう!

2018年時点で27歳ということで、まだ向こう数年は西武の名物スラッガーとして4番に君臨し、ホームランを量産してくれるはず。

2018年シーズン成績
  • 打率:.281
  • 本塁打:47本
  • OPS:0.985

2017年パワーヒッター部門はこちらから!

他部門に関する情報は以下記事にて全体をまとめていますので、是非合わせてご覧下さい!

全部門記事:【プロ野球100人分の1位 2018】全部門の情報まとめ|2018年シーズンは新しい顔ぶれが登場?!

【プロ野球100人分の1位 2018】全部門の情報まとめ|2018年シーズンは新しい顔ぶれが登場?! #100人分の1位

2015年から右肩上がりの本塁打数

2018年 総本塁打数 推移グラフ

2000年台前半では両リーグのシーズン合計本塁打数は2000本近くとなっていましたが、徐々に右肩下がりに。

2012年の底値からじわりと本塁打数が増え、2015年からは右肩上がりの数字となっています。

この傾向からいくと、来年もかなりの数のホームランを見ることができそうですね!

新しい顔ぶれも登場してきていますし、これからの本塁打争いにも注目できそうです!