毎日セール実施中!

【プロ野球100人分の1位 2018】スピードボール部門の情報まとめ #100人分の1位

【プロ野球100人分の1位 2018】スピードボール部門の情報まとめ

本記事では『プロ野球100人分の1位 2018』の『スピードボール部門』情報をまとめています。

昨年のスピードボール部門にランクインした選手は今年もランクインするでしょうか・・・?

2018年シーズンにNPBで出場していない選手もいますので、顔ぶれは変わりそうですね!

2017年スピードボール部門はこちらから!

他部門に関する情報は以下記事にて全体をまとめていますので、是非合わせてご覧下さい!

全部門記事:【プロ野球100人分の1位 2018】全部門の情報まとめ|2018年シーズンは新しい顔ぶれが登場?!

【プロ野球100人分の1位 2018】全部門の情報まとめ|2018年シーズンは新しい顔ぶれが登場?! #100人分の1位

『プロ野球100人分の1位 2018 スピードボール部門』ランキング

第5位:ロドリゲス(中日)5票

2018年のシーズン途中で中日に加入したロドリゲス。

NPB記録である、左投手の球速の最速記録(159km/h)保持者です。

来期も貴重な抑えの一角として活躍してくれることは間違いないでしょう!

第5位:エスコバー(DeNA)5票

第5位:石川柊太(ソフトバンク)5票

育成出身の石川柊太がランクイン!

まっすぐにパワーカーブ、テンポの良い投球でホークス投手陣の中でも貴重な存在として活躍してくれました。

これほどの選手が育成から出てきたというのは、やはりホークスの育成力は恐ろしいですね・・・。

第4位:千賀滉大(ソフトバンク)7票

そしてこちらも同じくソフトバンクの千賀がランクインです。

石川と同じく育成出身、年齢もまだ若いですし、これからもホークスを牽引していくピッチャーであることは間違いありません。

いずれはメジャー調整ということで海を渡ることになるでしょうが、是非今後もホークスで頑張っていただきたいところ!

第3位:菊池雄星(西武)8票

2018年シーズンオフにメジャー行きを表明した西武のエース、菊池雄星が3位。

絶対的エースとして2018年のパリーグ制覇に大きく貢献しました。

イニングを食えるスタミナ、球威の衰えないまっすぐとキレのある変化球。

球界を代表するピッチャーということもあり、メジャー挑戦は応援したいですね!

第2位:則本昂大(楽天)11票

日本球界の奪三振王、則本が11票を獲得しての2位。

奪三振に関する日本記録保持者ですし、スピードボールの破壊力は抜群でしょう!

来期は西武からFA移籍した浅村が楽天に加入することですし、投打において楽天が驚異的になることが予想されます。

楽天の絶対的エース、マー君の遺志を継いで是非来期も活躍してくれることを期待しましょう!

第1位:フランスア(広島)24票

2018年日本シリーズでもえげつないボールを投げていたフランスアが1位に!

育成出身で広島を救った救世主、来シーズン以降もかなり活躍してくれそうですね・・・!

支配下選手契約締結の際には、「先発として長いイニングを投げ、チームの勝利に貢献したい」とコメントしていたこともあり、先発転向も十分考えられそう。

セ・リーグの他球団にとっては脅威であるピッチャー、来シーズンはどんな活躍を見せてくれるでしょうか!