漫画村の代わりとなるサイトをチェック!

【2018年ダイヤモンドバックス】前オリックス平野が加入!スタメン・打線・先発陣を予想する!唯一の日本人選手平野の守護神としての活躍はあるのか?【メジャー・MLB】

ユニフォームやキャップで度々話題となるダイヤモンドバックスですが、オリックスから海外FAを行使した平野投手がダイヤモンドバックスと2年契約で合意しました。

以前、レンジャーズへの入団が濃厚かと予想していましたが、見事に外れてしまいましたね(笑)

オリックスの守護神の入団する球団はどのようなチームなのか、スタメンや投手陣などを確認してみましょう!

日本人メジャーリーガーの情報はこちらからご確認ください!

【2018年最新版】日本人メジャーリーガー一覧!所属球団情報まとめ!【メジャーリーグ・MLB】

ダイヤモンドバックス 2018年 スタメン・打順・先発予想

昨季のスタメンや成績をもとに2018年の予想してみます。

スタメン・打順予想

打順守備位置選手名打率本塁打打点OPS
1ペラルタ.29314570.796
2ポラック.26614490.801
3ゴールドシュミット.297361200.967
4ラム.248301050.844
5ドゥルーリー.26713630.764
6マルテ.2605180.740
7オーイングス.26812510.741
8アイアネッタ.25417430.865

平均してOPSが0.700以上という打線です。

出塁率が3割なくても、長打率が高いという、パワー強めな選手が多い印象です。

全員が一発があり得るという打線はそれだけで圧力がありますね。

ゴールドシュミットはナ・リーグ本塁打ランキングでは6位につけています。

1位のスタントン(ヤンキース)がダントツではあるものの、そのパワーは折り紙付きです。

メジャーの選手は平均して日本の選手より長打率が高いのが印象強いです。

やはり筋トレが大正義なのでしょうか・・・?(笑)

先発予想

選手名投球回数勝利敗戦防御率WHIP
1グリンキー2021773.201.07
2レイ1621552.891.15
3コービン18914134.031.42
4ウォーカー157993.491.33
5ゴッドリー155893.371.14

ダイヤモンドバックスは投球回数を食える投手が多いです。

加えて大きく負け越す投手も少ないため、割と計算しやすいのが特徴でしょうか。

エースのグリンキーは素晴らしい成績ですし、2018年シーズンも期待したいところです。

前オリックス平野の守護神としての活躍はあるのか

ダイヤモンドバックスは守護神のロドニーがFAにて退団しています。

そのため、現在は守護神の座が空いているような状況です。

有力候補としての中継ぎ陣ではブラッドリー、ボックスバーガーが挙げられます。

ここに平野も参戦することが出来るかどうか、個人的には微妙なラインではないかと思っています。

参考までに各選手の2017年成績が以下です。成績だけ見るとブラッドリーが守護神として濃厚ではないでしょうか。

選手名投球回数勝利敗戦防御率WHIP
1ブラッドリー73331.731.04
2レイ29443.381.16

総合力は十分なチーム、ワールドシリーズ制覇もあり得る

ダイヤモンドバックスはナ・リーグ西地区所属で、ドジャースに次ぐ2位となり、ワイルドカードで6年ぶりにポストシーズン進出を果たしています。

平野の補強もあり、中継ぎ陣の強化も積極的で、戦力としてはまずますだと思います。

ワールドシリーズ制覇はそこまで遠くないチームだと思いますので、平野の活躍にも期待が掛かりますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。