クリスマスギフトはアマゾンで!セール実施中!

【本を聴く】Amazon Audibleとは?基本情報から登録方法、有効活用術まで徹底解説

Amazon Audibleとはどんなサービスなのか

Amazon Audibleとは、著書を音読したものを配信しているサービスです。

iPhone、Androidなどの端末でアプリをダウンロードして使用すれば、どこでも作品を楽しむことができるのです。

著書のジャンルは多岐にわたっており、小説、絵本、ライトノベル、ビジネス書、落語、新聞や雑誌まであります。

作品が多岐にわたるからこそ、様々な活用の仕方があると思います。

何かしながらの耳からの読書タイムに

満員電車で通勤中、本を開く余裕がある方は少ないかと思います。

せっかくの時間を何かに活かしたいと考えていた方もいるのではないでしょうか。

Amazon Audibleならイヤフォンさえセットすれば満員電車の中でも作品を楽しむことができます。

目を離せない車の運転中にも、音楽やラジオを聴くのと同じように「本を聴く」ことができますね。

家事をしながらの耳での読書タイムも素敵です。

インターネット環境のない場所でも、ダウンロードしておいたものを再生することができるので安心です。

また、再生速度の変更もできます。0.5倍速から3.5倍速まで対応しているので、自身のペースに合わせて短時間でビジネスに関する知識を得ることも可能です。

忙しいあなたの癒しの時間に

入浴中や入眠前の癒しの時間に取り入れるのもいいかもしれません。

作品の中には、著名な俳優や声優が朗読しているものも多数あります。

好きな著名人の声の作品を聴きながら目を閉じれば、特別な癒しの時間になりそうです。

アプリにはスリープタイマー機能もあり、安心して入眠前に使用することができます。

8分から60分まで、5段階の時間単位での設定の他、章の終わりまで聞くと自動で切れるように設定することも可能です。

目次の機能もあるので、眠ってしまったときはまたその章から聴き直すことができますね。

話し方のトレーニングに

プロの朗読を聴くことができるわけですから、話し方のトレーニングにもぴったりです。

好きな著名人の話し方を参考にして、何度も繰り返して聴きながら、話し方を学ぶことが出来ます。

それに興味のない文章を読むトレーニングより、好きな作品を用いて朗読をするトレーニングができたら、より効果的かと思います。

プレゼンテーションやスピーチなど、人前で話すことが多い方にとって、魅力的な話し方をインプットすることは刺激になりますね。

お子さんと一緒に

絵本や児童書の作品があることも、Amazon Audibleの魅力と言えそうです。

普段は絵本を使って読み聞かせをしている親御さんも多いかと思いますが、たまには趣向を変えて、親子で音声での作品を楽しむのはいかがでしょうか。

子どもの想像力を育てることも出来ますし、親御さんも読む労力がない分、お子さんと一緒に作品を楽しむことができます。

寝かしつけの時間に部屋を暗くして、Amazon Audible作品を楽しむ時間とするのも良さそうですね。

Amazon Audible料金の仕組み

Amazon audibleの有料会員はひと月1500円です。会員でなくても単品で作品を購入することはできますが、会員になると多くの特典があります。

まず会員になると、毎月コインを一つもらうことができ、そのコインを使うと、どの作品でもコイン一つで一つの作品と交換することができます。

また、コインを使わずに購入する作品に対しても非会員価格より30%オフで購入でき、大変お得です。使わなかったコインは6か月まで繰り越しができます。

会員の大きな特典は、返品ができるということではないでしょうか。

気に入らなかった作品や不具合があった作品は、購入から365日までなら返品することができます。

コインで購入した場合はコインで、クレジットで決済した場合はクレジットに返金されるのも嬉しいですね。

ウエブサイトから返品できる作品数には制限があるようですが、その場合はカスタマーセンターに直接問い合わせることで返品可能です。

また、会員なら無料で楽しめるコンテンツも多くあります。

ニュースやバラエティー、20分で聴けるビジネス書、短編文学、ヨガなど、これらのコンテンツだけでも価値のあるものがそろっています。

毎日、毎週、毎月と様々なペースでコンテンツが配信されており、スキマ時間のひとつの楽しみになりそうです。

Amazon Audible無料体験の登録方法

無料体験の登録はすでにAmazon会員の場合はあっという間に完了します。

まずは、iOS版、Windows版、Android版、いずれかのAmazon Audibleアプリを持っている端末にダウンロードします。

Amazon会員であれば、持っているAmazonのアカウントでそのままログインが可能です。

会員情報としてクレジット決済するカードをAmazonアカウントに登録済みであれば、そのクレジット情報を用いてそのまま無料体験に進むことができます。

1か月経つと有料会員になってしまうので、まず無料体験のみを希望の方は、解約をし忘れないよう注意しましょうね。

Amazon Audibleの使ってみて良かった点

目が疲れない!

文字をずっと追っていると、どうしても目が疲れてきますよね。

デスクワークなどで目を酷使した後は、本を読む気になれないことも珍しくありません。

そんな時こそAmazon Audibleの出番です。プロの声優さんや著名人が本を朗読してくれるので、目が一切疲れません。

朗読もはっきりとした口調で聞き取りやすく、抑揚もあるので思わず聞き入ってしまいます。

長編小説であっても、最後まで集中を切らさずに物語へ没頭することができました。

気に入らないコンテンツは返品可能

オーディオブックは価格が高めなので、Amazon Audible会員になった方が断然お得です。

会員になって月額1,500円を支払うことにより、毎月コイン1枚が与えられます。

このコインを消費すれば、好きなオーディオブックを1つ利用できます。5,000円以上するような高額作品であってもコイン1枚で購入できるため、これを使わない手はありませんね。

しかも万が一コンテンツが気に入らなかった場合には返品が可能となっています。

その際はコインも手元に戻ってくるので、新たに別のコンテンツを買うことができます。

あまり過度に返品をしていると制限がかかってしまうので注意が必要ですが、この返品制度のおかげで作品選びに失敗するリスクは減ると思います。

アプリの使い勝手が抜群

Amazon Audibleのアプリには重宝するであろう機能が多数搭載されています。時間がない時に役立つ再生速度の変更は、0.75倍速から3倍速まで合計7段階で調節可能です。

また、作品の中でお気に入りのシーンを見つけた時にブックマークできるようになっています。

ブックマークした箇所は後から簡単に聴き返すことができます。

感動したシーンや笑ってしまった場面などをこまめにブックマークし、気分が晴れない時などにもう一度聴いて元気をもらう、といった使い方もできますよ。

他にも早送りや巻き戻し、スリープタイマーなど便利な機能が備わっているため、ストレスフリーで利用することができました。

Amazon Audibleの使ってみて悪かった点

価格が高い!

Amazon Audibleではコインで交換する以外に、お金を支払って購入することもできます。

しかし価格が非常に高いのが難点です。例えば「ハリー・ポッターと賢者の石」は、kindle版が約1,000円、文庫版が約600円なのに対し、Amazon Audible版は約5,000円です。

再生時間が13時間弱もあることを考えれば、その分だけコストもかかっているということですから、価格が高騰するのは仕方がないことかもしれません。

それでも購入への敷居が高いことは事実ですね。

コンテンツ不足

オーディオブックには20万冊以上の作品が提供されていますが、その多くは洋書です。日本語の書籍はまだまだそこまで多いというわけではありません。

もちろんビッグタイトルの数はどんどん増えており、今後もオーディオブックは広がりを見せていくことが予想されますが、現時点ではコンテンツ不足であることが否めません。

特に最新作はオーディオブック化されにくいので、少々もどかしい気持ちにはなりました。

Amazon Audibleの有効活用方法

通勤や通学の移動時間を有意義に使える

会社や学校へ電車を利用しているのであれば、その時間をAmazon Audibleで有効活用できます。

ビジネス本や学習本を車内で広げることなく、耳にイヤホンを装着するだけで頭に入れることが可能です。

特に満員電車だと本を読むことすら困難ですが、Amazon Audibleなら場所を取らないので問題ありませんね。

英語学習に最適

オーディオブックと相性が良いのは洋書による英語のリスニングです。

日本語のコンテンツと比べて英語の書籍はオーディオブック化のペースが早いので、ライナップは日々増加しています。

そのため常に新しい英語書籍を聴きたいという人には最適だと思います。

再生速度を0.75にまで落とせば、単語一つひとつをしっかりと聴き取ることができるのでリスニングの効率が上がりますよ。

速聴で脳をトレーニング!

倍速機能を使って速聴することで、脳を活性化させることができます。

耳が慣れないうちは1.5倍速からはじめ、順応してきたら3倍速に挑戦してみましょう。

オーディオブックを倍速で聴いていると、次第に内容がきちんと把握できるようになっていきます。

これが速聴というもので、脳を効果的に鍛えることができるのです。

就寝時の睡眠導入に

どうしても寝付けない時はAmazon Audibleが睡眠導入の役割を果たしてくれます。

目を閉じた状態でオーディオブックの朗読を聴いていると、ストーリーに没入して気持ちが良くなります。

するとやがて睡魔がやってきて、質の良い眠りに誘ってくれるのです。

落ち着いた語り口調で読み上げを行っているコンテンツも多いので、就寝時の睡眠導入には打って付けだと思います。

Amazon Audibleの使ってみて良かった点


目が疲れない!


文字をずっと追っていると、どうしても目が疲れてきますよね。デスクワークなどで目を酷使した後は、本を読む気になれないことも珍しくありません。そんな時こそAmazon Audibleの出番です。プロの声優さんや著名人が本を朗読してくれるので、目が一切疲れません。
朗読もはっきりとした口調で聞き取りやすく、抑揚もあるので思わず聞き入ってしまいます。長編小説であっても、最後まで集中を切らさずに物語へ没頭することができました。

気に入らないコンテンツは返品可能


オーディオブックは価格が高めなので、Amazon Audible会員になった方が断然お得です。会員になって月額1,500円を支払うことにより、毎月コイン1枚が与えられます。このコインを消費すれば、好きなオーディオブックを1つ利用できます。5,000円以上するような高額作品であってもコイン1枚で購入できるため、これを使わない手はありませんね。
しかも万が一コンテンツが気に入らなかった場合には返品が可能となっています。その際はコインも手元に戻ってくるので、新たに別のコンテンツを買うことができます。あまり過度に返品をしていると制限がかかってしまうので注意が必要ですが、この返品制度のおかげで作品選びに失敗するリスクは減ると思います。

アプリの使い勝手が抜群


Amazon Audibleのアプリには重宝するであろう機能が多数搭載されています。時間がない時に役立つ再生速度の変更は、0.75倍速から3倍速まで合計7段階で調節可能です。
また、作品の中でお気に入りのシーンを見つけた時にブックマークできるようになっています。ブックマークした箇所は後から簡単に聴き返すことができます。感動したシーンや笑ってしまった場面などをこまめにブックマークし、気分が晴れない時などにもう一度聴いて元気をもらう、といった使い方もできますよ。
他にも早送りや巻き戻し、スリープタイマーなど便利な機能が備わっているため、ストレスフリーで利用することができました。

Amazon Audibleの使ってみて悪かった点


価格が高い!


Amazon Audibleではコインで交換する以外に、お金を支払って購入することもできます。しかし価格が非常に高いのが難点です。例えば「ハリー・ポッターと賢者の石」は、kindle版が約1,000円、文庫版が約600円なのに対し、Amazon Audible版は約5,000円です。再生時間が13時間弱もあることを考えれば、その分だけコストもかかっているということですから、価格が高騰するのは仕方がないことかもしれません。それでも購入への敷居が高いことは事実ですね。

コンテンツ不足


オーディオブックには20万冊以上の作品が提供されていますが、その多くは洋書です。日本語の書籍はまだまだそこまで多いというわけではありません。もちろんビッグタイトルの数はどんどん増えており、今後もオーディオブックは広がりを見せていくことが予想されますが、現時点ではコンテンツ不足であることが否めません。
特に最新作はオーディオブック化されにくいので、少々もどかしい気持ちにはなりました。

Amazon Audibleの有効活用術


通勤や通学の移動時間を有意義に使える


会社や学校へ電車を利用しているのであれば、その時間をAmazon Audibleで有効活用できます。ビジネス本や学習本を車内で広げることなく、耳にイヤホンを装着するだけで頭に入れることが可能です。特に満員電車だと本を読むことすら困難ですが、Amazon Audibleなら場所を取らないので問題ありませんね。

英語学習に最適


オーディオブックと相性が良いのは洋書による英語のリスニングです。日本語のコンテンツと比べて英語の書籍はオーディオブック化のペースが早いので、ライナップは日々増加しています。そのため常に新しい英語書籍を聴きたいという人には最適だと思います。
再生速度を0.75にまで落とせば、単語一つひとつをしっかりと聴き取ることができるのでリスニングの効率が上がりますよ。

速聴で脳をトレーニング!


倍速機能を使って速聴することで、脳を活性化させることができます。耳が慣れないうちは1.5倍速からはじめ、順応してきたら3倍速に挑戦してみましょう。オーディオブックを倍速で聴いていると、次第に内容がきちんと把握できるようになっていきます。これが速聴というもので、脳を効果的に鍛えることができるのです。

就寝時の睡眠導入に


どうしても寝付けない時はAmazon Audibleが睡眠導入の役割を果たしてくれます。目を閉じた状態でオーディオブックの朗読を聴いていると、ストーリーに没入して気持ちが良くなります。するとやがて睡魔がやってきて、質の良い眠りに誘ってくれるのです。
落ち着いた語り口調で読み上げを行っているコンテンツも多いので、就寝時の睡眠導入には打って付けだと思います。