漫画村の代わりとなるサイトをチェック!

【マーベル】『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』の感想・レビュー・評価をご紹介!

「アベンジャーズ」を見て、キャプテン・アメリカに興味を持った方には、まず本作「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」をオススメします。

本作はキャップことキャプテン・アメリカの単独映画第1作で、超人兵士キャップ誕生の秘密が描かれています。

キャップの分厚い上腕二頭筋と、その内側に秘めた熱い正義感に釘付けとなることでしょう。

\31日間無料体験実施中!/

U-NEXTを無料体験する!

期間内に解約すれば料金は一切掛かりません!

あらすじ

第二次大戦中の1942年、ブルックリン生まれのスティーブ・ロジャース(クリス・エヴァンス)は、生まれつき小柄で病弱な体でしたが、戦争を終わらせたいという強い思いから軍に入隊を志願するも、5回も不合格となっていました。

そんな中、戦略科学予備軍(SSR)の科学者であるエイブラハム・アースキン博士(スタンリー・トゥッチ)はスティーブの強い意志を知り、彼にSSRが行う「スーパーソルジャー計画」の被験者となる様に勧めます。

スーパーソルジャー計画とは、超人血清と呼ばれる血清を被験者に注入し、ベータ線を照射することで被験者の肉体の能力を最大限に引き出し、超人化するというものでした。

実験は成功し、スティーブは、超人的な力を持った兵士「キャプテン・アメリカ」へと変貌を遂げるのでした。

同じころ、ナチスの将校ヨハン・シュミット(ヒューゴー・ウィービング)はノルウェーのトンスベルグに侵攻し、強大なパワーを持つ「コズミック・キューブ」を奪い去りました。

彼もアースキン博士の超人血清の力でスーパーパワーを得ており、レッド・スカルと名乗る怪人と化していました。

シュミットはナチスの極秘科学部門とも言えるヒドラ党を結成し、暗躍してゆくのでした。

キャプテンは米軍の戦意高揚のための広告塔となり、国民の人気者となります。

しかし、戦火の中、ヒドラ党と対峙する運命となってゆくのでした・・・。

見どころ・注目ポイント

本作は、「インクレディブル・ハルク」、「アイアンマン」、「アイアンマン2」、「マイティ・ソー」に続くMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)映画第5弾です。

MCUでは個々の作品でアイアンマンやソーなどヒーローの活躍が描かれ、さらに全ての作品が同じ作品世界を共有することで、全体で大きな1つのストーリーを語っています。

本作では、まさに最初のヒーローであるキャプテン・アメリカが、第二次大戦の戦火の最中、時代に翻弄される中でどう変化していったのか、何が彼を正義に目覚めさせたかが語られており、それこそが本作の最大の見どころとなっています。

「アベンジャーズ」を先に見ている人は、この後の彼の運命を知っているかと思います。

そこに繋がるストーリーを追うことで、パズルの空白の1ピースが埋まっていくことでしょう。

またMCU作品では、「アイアンマン」のジョン・ファブローはコメディ・タッチが得意な監督、「マイティ・ソー」のケネス・ブラナーはシェイクスピア的な世界観という様にそれぞれ作品の雰囲気に合った監督の人選がされていて、大きな特徴の1つとなっています。

本作では、「ミクロキッズ」、「ジュマンジ」で有名なジョー・ジョンストンが担当しています。

彼はもともと「スター・ウォーズエピソード4/新たなる希望」などに特殊効果マンとして参加しています。

本作もジョージ・ルーカスやスティーブン・スピルバーグの映画のような、80年代のファンタジー大作の様な雰囲気となっていて、40代以上の人には、懐かしく感じられるかも知れません。

ネタバレ感想・評価

まずクリス・エヴァンスが筋肉ムキムキの体である事を知らない人は、本作を見てビックリしてしまう事でしょう。

そのぐらい本作のVFX技術は素晴らしく、超人になる前のやせ細ったスティーブの姿は、本当に実在している人物にしか見えません。

「ジュラシック・パーク」以後、「実在していない物を見せる」ためにVFX技術は発展してきましたが、本作の様に「実在している様に見せる」さりげない技術こそ、まさにVFXと言えるのではないでしょうか。

本作でのキャプテンはヒーローでありながら兵士でもあるので、戦闘は拳銃を使う事が多く彼のトレードマークの楯を使った格闘アクションも少ないので物足りなく感じるかも知れません。

しかし本作はまるで神話のような英雄譚として語られているので、正義感の強いキャプテンのキャラクターがより際立っています。

物語のクライマックスでキャプテンは怪人と化したレッド・スカルと死闘を繰り広げ、レッド・スカルは暴走したコズミック・キューブの力で消滅してしまいます。

キャプテンは爆弾を乗せたナチスの戦闘機ワルキューレで北極海に不時着し、氷漬けになり70年の時を超え、現代に復活します。

彼の数奇な運命はまだ始まったばかりなので、それを思うとキャプテンに同情すら感じてしまうかも知れません。

続編への期待・伏線

この後のMCU映画では、キャプテン・アメリカのシリーズは舞台を現代に移し、更なる強大な敵と戦っていく事になります。

愛国者としてアメリカ合衆国に尽くしてきた男の運命がどうなっていくのでしょうか。

本作でキャプテンとのロマンスが描かれたペギー・カーターも、2作目の「キャプテン・アメリカ/ウインター・ソルジャー」以降の作品にも登場します。

彼女とキャプテンとの再会は果たされるのでしょうか。

他にも本作で登場したバッキー以下、その他のキャラクター達の運命はどうなったのか、気になるところです。

また今作で登場した「コズミック・キューブ」の行方がどうなっていくのかも、注目すべき点です。

このキューブは別名「インフィニティ・ストーン」とも呼ばれており、全部で6つの宇宙に散らばっているこのストーンを全て集めると、宇宙を支配できる程の強大な力を得ることができるとも言われています。

たびたび登場するこのストーンが、MCU映画の壮大な世界の謎を紐解く鍵となっていくのです。

親友バッキーの運命は?

キャプテンのブルックリン時代からの親友バッキー・バーンズ。

彼の運命は、2作目以降のストーリーを語る上で非常に重要になってきます。

キャプテンは超人兵士となりましたがバッキーは?2作目以降の展開が見逃せません。

また、本作以降アベンジャーズシリーズ、キャプテン・アメリカシリーズへと続くMCU映画でのキャプテンの活躍にも注目して下さい。

『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』はU-NEXTなどの動画配信サービスにて視聴可能です。無料体験の利用ですぐに見ることもできるので、是非チェックしてみて下さい!

\31日間無料体験実施中!/

U-NEXTを無料体験する!

期間内に解約すれば料金は一切掛かりません!