漫画村の代わりとなるサイトをチェック!

【マーベル】『マイティ・ソー/バトルロイヤル』の感想・レビュー・評価をご紹介!

2017年に公開された『マイティ・ソーバトルロイヤル』は、『マイティ・ソー』シリーズ3作目にしてマーベルシリーズのクロスオーバーシリーズである『マーベル・シネマティックユニバース』17作品目に当たる作品です。

今までにないコミカルな描写でありながら、次回作へも繋がる重要なストーリーが描かれた今作、そのあらすじやみどころを解説します。

\31日間無料体験実施中!/

U-NEXTを無料体験する!

期間内に解約すれば料金は一切掛かりません!

あらすじ

時系列的には『アベンジャーズエイジ・オブ・ウルトロン』から2年後の世界です。

アベンジャーズの一員としてウルトロン軍団から地球を守ったのち、ソーは仲間たちと別れ、強大な力を持つインフィニティ・ストーンを探すため宇宙を旅していました。

その道中、ソーの故郷であり9つの世界を支配する国アスガルドを滅ぼす「ラグナロク」の予言を、炎の巨人スルトから受けます。

しかしソーはハンマームジョルニアを使いスルトを撃破、その力の源である冠を奪ってアスガルドに帰還します。

スルトがいなくなったとしても、ラグナロクの危機を見過ごすわけにはいかないからです。

その頃のアスガルドでは平和な時が流れていました。アスガルドは王であり主神であるオーディンによって治められているはずが、彼はソーの弟であるロキによって追放され、ロキが幻術で入れ替わっていたのです。

過去作で大罪を犯し追放されたはずのロキ。ソーは弟の化けの皮を剥ぐと、本物のオーディンを連れ帰るため地球に渡ります。

地球の魔術師ドクター・ストレンジによってオーディンの居場所を知った2人は、ストレンジの魔術によってノルウェーの父の元へ。

そこでオーディンの寿命が尽きかけていること、そのために封印していた死の女神ヘラが復活するということを知らされます。

ヘラはオーディンの最初の娘でありソーの姉に当たる女性ですが、邪悪な性質と強大な力を持っていたためオーディンが自らの力で封印していたのです。

息子2人に後を託し、光となって消えていくオーディン。次の瞬間、封印から解放されたヘラが2人の前に現れます。

ヘラは圧倒的な力でソーのハンマーを破壊。一旦場を脱出しようとした2人でしたが、ヘラに追われ違う世界へと弾き飛ばされてしまいます。

ソーは惑星サカールのゴミ捨て場に落下。惑星の支配者であるグランドマスターに引き渡され、闘技場で戦うことになってしまいます。

一方アスガルドに到着したヘラは、自分にはむかう者たちを次々と殺し、世界を支配するために動き出します。

見どころ・注目ポイント

『マーベル・シネマティック・ユニバース』の1つである今作、マイティ・ソーだけではなく他にもアベンジャーズヒーローが登場します。

『エイジ・オブ・ウルトロン』で消息不明になっていたハルクが無事であると分かるのも今作。

ソーとハルクが闘技場でぶつかりあう迫力のバトルシーンは、ファン必見です。

驚きの映像が話題を呼んだ『ドクター・ストレンジ』から、ドクター・ストレンジその人が登場するのも大きな見どころ。

アベンジャーズシリーズでの本格的な活躍を前にした顔見せ的な出演ですが、彼の魔術に振り回されるソーやロキの姿は思わず笑ってしまう微笑ましさがあります。

そして何より、ソーとロキの兄弟の関係性が大きく変わるのが本作の注目ポイントです。

兄弟として育ちながらも、敵対関係になることが多かった2人。兄として立ち振る舞おうとするソーに対し、何度も裏切りその本心を見せようとしなかったロキ。

故郷の危機を前に2人の関係がどう変わるのか、ぜひ注目してみてください。

ネタバレ感想・評価

『マイティ・ソーバトルロイヤル』は、全体的に明るく楽しいタッチで描かれた作品です。

神様が主人公の作品だけに、マーベル作品の中でもファンタジー色が強く、よく言えば荘厳、悪く言えば重い雰囲気が強かった『マイティ・ソー』シリーズですが、今作では一転笑える要素をふんだんに盛り込んでいます。

ストーリー自体は決して軽くないのですが、ギャグが上滑りしている訳ではなく独特のギャグやテンポが作品全体を見やすくしてくれているのです。

元々低予算マイペースな作品を得意としている監督だけに、その技が光っています。

何よりカッコいいのが、ラストのソーのバトルシーンでしょう。

「ハンマーと言えばソー、ソーと言えばハンマー」というくらい、シリーズ通して馴染みの深かった愛用のムジョルニア。

これが冒頭いきなりヘラに破壊されてしまう衝撃はすさまじいものがあります。

この破壊シーンは公開前の宣伝でも使われていて、シリーズファンにとってどれだけインパクトが大きいことか窺い知ることができるでしょう。

映画のラスト、ハンマーがないままヘラに挑んだソーは、やられてボロボロの状態に。一度は心折れかけますが、父オーディンの幻影との会話によって覚醒します。

雷を身にまとい、レッド・ツェッペリンの『移民の歌』をBGMに、ヘラの軍勢をバッタバッタなぎ倒すその姿は、冒頭の衝撃シーンがあるからこそ大きなカタルシスを得ることができるのです。

続編への期待・伏線

アスガルドの地下宝物庫には、どこかで見たような青い立方体が。

実はこれ、『アベンジャーズ』に登場したコズミック・キューブです。

それをロキが意味深に見つめるシーンは、『アベンジャーズ/インフィニティ―・ウォー』の伏線になっています。

映画のラスト、本来の力を取り戻したスルトによってアスガルドは跡形もなく破壊されてしまいます。

住民たちは巨大な宇宙船へと乗り込み、新たな住処を求めて地球へ。しかしその前に、凶暴なるタイタン人サノスの宇宙船が迫ります。

その内容が大きな衝撃と話題を呼んだ『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』はこの直後からストーリーがスタートします。

作品の雰囲気の違いはさることながら、その展開に衝撃を受けること間違いなしなので、これから見る人はぜひ『インフィニティ・ウォー』を見る前に『ラグナロク』を見ることをおすすめします。

マーベル作品を楽しむなら欠かせないのが本作!

アベンジャーズ同士の対立が描かれた『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』には登場しなかったソーとハルクの登場が嬉しい今作。

『インフィニティ・ウォー』に直接つながる作品だけに、外せない作品です。

単品で見ても明るく楽しく、とにかくバトルがカッコいい映画なので、シリーズは追いかけていないという人でも楽しめます。ヒーローたちの戦いをぜひ楽しんでください。

\31日間無料体験実施中!/

U-NEXTを無料体験する!

期間内に解約すれば料金は一切掛かりません!