漫画村の代わりとなるサイトをチェック!

韓流ドラマ『私はチャンボリ』のあらすじ・見どころ、おすすめポイントや出演者情報をご紹介!

MBC週末ドラマ「私はチャン・ボリ!」は、2014年4月から7ヶ月に渡り、全52話が放送されました。

最高視聴率37.3%を記録した第48話を筆頭に、平均視聴率20.3%という素晴らしい数字を残した2014年下半期の最高ヒット作です。

本記事では『私はチャンボリ』のあらすじ・見どころ、おすすめポイントや出演者情報をご紹介していきます!

\31日間無料体験実施中!/

U-NEXTを無料体験する!

期間内に解約すれば料金は一切掛かりません!

ストーリー概要

このドラマは、天真爛漫なヒロインが韓服(ハンボク)職人を目指すサクセスラブストーリーです。

ヒロインのチャン・ボリは、韓服(ハンボク)の名家ピスルチェの女主人スミの次男と嫁イナの間に生まれました。

長男の嫁オクスとイナによる、ピスルチェの後継者争いに巻き込まれ、交通事故で子供の頃に記憶を失くしてしまいます。

記憶をなくすきっかけを作ったのが、ヘオクでミンジョンの母親です。ヘオクは事故の発覚を恐れ、記憶をなくしたことを幸いに、自分の養女として名をボリと名付けミンジョンの姉妹として育てることとします。

様々な苦難を乗り越え、生まれ持った才能と情熱で、韓服デザイナーとして、また一人の女性として成長していく姿を描いています。

見どころ・おすすめポイント

年末に行われるテレビ局によるMBC演技大賞で、大賞をはじめ、9つの部門を受賞した大ヒット作品です。

ヒロインの出生の秘密や、ウソで固められた陰謀、自己中心的な愛憎、純粋な愛などの要素が満載で、特に悪女役イ・ユリの迫真の演技が話題となりました。

このドラマの見どころは何といっても悪女役イ・ユリの演技力です。

自分にない明るく、自然と他人を引き付ける魅力を持っているボリを妬み、嫌って、徹底的に彼女の邪魔をするミンジョン役です。

貧しさを忌み嫌い、裕福な生活を手に入れるためなら、親や子供まで平気で捨てることのできるミンジョンの、回を追うごとに激しさを増していく悪女ぶりで、視聴者から憎まれながらも愛されるという社会現象が起こりました。

回を重ねるごとに、ウソの上にウソを塗り重ねるだけでなく、他人の弱みを握り、脅しをかけることで、自分に有利な状況を作り出す悪女の中の悪女へと成長していきます。

一方、主人公ボリの、勝気なのに情に厚く、誰にでも自然に親切にできる天真爛漫なキャラクターをオ・ヨンソが魅力的に演じています。

男性陣は、ボリに惹かれるジェファ役を「となりの美男(イケメン)」などで日本での人気も高いキム・ジフン。ミンジョンの結婚相手で、ジェファの異母弟ジェヒ役には「オーロラ姫」に出演したオ・チャンソク。韓国ドラマファンには嬉しい魅力的な顔ぶれとなっています。

さらに、ジェファ達の妹カウル役にKARAのスンヨン、カウルの恋人ユチョン役を超新星のゴニルが演じています。

また、RAINBOWのスンアが女優のチェ・ユラ役として特別出演するなど、楽しみが満載です。

脇を固める俳優陣が素晴らしく、その役柄が生まれつき持っているかのようにフィットしています。

ラストはみんながハッピーエンドを迎えますが、ミンジョンのクルクルパーマが印象的でした。

この俳優・女優に注目!

オ・ヨンソ

ヒロイン「チャン・ボリ」を演じた「オ・ヨンソ」は、1987年生まれの31歳です。

2002年3人組ガールズグループLUV(ラブ)でデビューした歌手出身の俳優です。歌手としては人気がでなく、2003年には俳優活動をスタートし、2003年「四捨五入」のイ・イェリム役でデビューしました。

毎年ドラマや映画で活躍していましたが、2012年「棚ぼたのあなた」のパン・マルクス役でMBC演技大賞新人演技賞を受賞し、その演技力を認められました。

2014年には本作品で、MBC演技大賞連続ドラマ部門女性最優秀賞を受賞しています。

イ・ユリ

ヒロインのライバルであり、敵でもある悪女ミンジョンとして熱演した「イ・ユリ」は、1980年生まれの38歳です。

1999年「ホジュン宮廷医官への道」などでエキストラとして出演していました。

2000年に行われた「学校IV」のオーディションでは、次点で落選しましたが、PDに懇願し学生役でデビューした根性のある女優です。

2001年には「学校IV」でMBC演技大賞最優秀若手女優賞を受賞し、翌2002年には「LovingYou」でMBC演技大賞最優秀新人賞を受賞するなど、その演技力はデビュー当時から認められていました。

出演した作品ごとに顔を変える女優として知られています。

本作品でのミンジョン役では、その演技力が高く買われ、悪女にもかかわらず、2014MBC演技大賞の大賞とPD賞を受賞しています。

この受賞で、デビュー以来13年目にして演技派女優の座を名実共に手に入れました。

まとめ

2014年に放送され、最高視聴率37.3%を記録した本作ですが、女優陣の気迫に満ちた演技力をたっぷりと堪能してください。

真実とウソの駆け引きが巧みに描かれ、ミンジョンとヘオク親子の悪ぶりは見ごたえがあります。

\31日間無料体験実施中!/

U-NEXTを無料体験する!

期間内に解約すれば料金は一切掛かりません!