毎日セール実施中!

【2019年最新版】プロ野球ドラフト会議の補強ポイント・評価・結果まとめ

【2019年最新版】プロ野球ドラフト会議の補強ポイント・評価・結果まとめ

本記事では2019年のプロ野球ドラフト会議結果をまとめています。

2019年シーズンを終えて、来シーズンに向けた補強、更には向こう10年を見据えたドラフト会議は非常に注目が集まります。

自分が応援している球団に入団した新人が活躍してくれることを期待しつつ、全12球団のドラフト会議の結果を振り返っていきましょう!

\プロ野球見るならDAZNが超おすすめ!/

DAZNを無料体験する!

1ヶ月間無料体験中に解約すれば料金は一切掛かりません!

埼玉西武ライオンズ

埼玉西武ライオンズ

埼玉西武ライオンズ

西武|事前ドラフト補強ポイント

2019年の西武は打率.265、得点756と12球団トップの打撃力を持ちます。

しかしながら、チーム防御率は4.35とリーグ最下位となっているため、即戦力投手の補強が急務であると言えます。

高橋光成、今井といった若手投手も経験を積み台頭しつつあることから、即戦力の大卒投手の獲得が現実的な線になると思われます。

クライマックスシリーズなどの短期決戦は投手力がカギとなる点において、西武ライオンズは痛いほどそれを感じているはずです。

投手の補強については非常に注目が集まりそうです。

また、2019年チームを牽引した秋山翔吾外野手の去就が気になるところもあり、状況によっては外野手の獲得も検討の余地があるでしょう。

他にも、森捕手の後ろを任せられる二番手捕手の獲得(大卒・社会人捕手)、中村剛也や栗山といったベテラン勢の後釜の獲得が重要になると思われます。

西武|ドラフト結果

順位選手名出身校守備昨年結果
1位宮川哲東芝投手松本航(日本体育大):投手
2位浜屋将太三菱日立投手渡邉勇太朗(浦和学院高):投手
3位松岡洸希埼玉武蔵投手山野辺翔(三菱自動車岡崎):内野手
4位川野涼多九州学院高内野手粟津凱士(東日本国際大):投手
5位柘植世那Honda鈴鹿捕手牧野翔矢(遊学館高):捕手
6位井上広輝日大三高投手森脇亮介(セガサミー):投手
7位上間永遠徳島インディ投手佐藤龍世(富士大):内野手
8位岸潤一郎徳島インディ外野手

西武|ドラフト評価

西武の課題でもある投手陣を上位指名で見事に補強しています。

佐々木投手を外したものの、しっかりとウィークポイントを補うことができる良いドラフトだったと思います。

福岡ソフトバンクホークス

福岡ソフトバンクホークス

福岡ソフトバンクホークス

ソフトバンク|事前ドラフト補強ポイント

大きな課題ともいえるのが、松田宣浩三塁手の後継者です。

もう少し広く言えば、ソフトバンクは内野手の高齢化が進行しつつあるため、内野手の補強は一つ課題として挙げられると思います。

実は遡ること2011年のドラフトから2018年まで、ドラフト1位は全て投手を獲得しており、その甲斐あってか、2019年シーズンのパ・リーグ内チーム防御率1位、失点数は最小という結果となっています。

また、年々野手の高齢化が進むのと同時に、柳田悠岐外野手への依存度も高まりつつあります。

そろそろ投手ではなく、即戦力の野手や内野手の各ポジションにおける準レギュラーや後継者をしっかりと獲得していきたいところではないでしょうか!

ソフトバンク|ドラフト結果

順位選手名出身校守備昨年結果
1位佐藤直樹JR西日本外野手甲斐野央(東洋大):投手
2位海野隆司東海大捕手杉山一樹(三菱重工広島):投手
3位津森宥紀東北福祉大投手野村大樹(早稲田実):内野手
4位小林珠維東海大札幌高投手板東湧梧(JR東日本):投手
5位柳町達慶大内野手水谷瞬(石見智翠館高):外野手
6位泉圭輔(金沢星稜大):投手
7位奥村政稔(三菱日立):投手

ソフトバンク|ドラフト評価

個人的には意外なドラフト結果でした。

内野手中心と予想していましたが、外野手+捕手がドラフト上位とは…。

今季FAとなる福田外野手は放出確定、現在捕手として期待されていた若手の栗原・九鬼・谷川原の3名の内1人以上は野手転向といった予想です。

ぶっちゃけた話ホークスは財力があるチームですし、ドラフトに関しては少々ギャンブルというか余裕を持った選択ができるのは圧倒的な強みだと思います。

FA戦略やオフの補強まで含めて、広い視野の元のドラフトだと思われるため、なかなかドラフトだけでの評価は難しいですね(笑)

とは言え、1位指名の佐藤外野手は即戦力の実力があります。

久々の野手ドラフト1位なので、来シーズンに期待したいですね!

東北楽天ゴールデンイーグルス

東北楽天ゴールデンイーグルス

東北楽天ゴールデンイーグルス

楽天|事前ドラフト補強ポイント

2019年、チームを長く支えた嶋やベテランの今江が退団する等、チームの若返りが一つカギとして意識されているような気がします。

先発の柱として活躍した岸、美馬、塩見はいずれも30代。勝ち計算が可能な次世代の投手陣の育成や獲得がポイントとなるでしょう。

野手に関しては、昨年のドラフト1位である辰巳やオコエ、田中や茂木といったメンツが活躍することでよりリーグでの上位が見込めるはずです。

楽天|ドラフト結果

順位選手名出身校守備昨年結果
1位小深田大翔大阪ガス内野手辰己涼介(立命館大):外野手
2位黒川史陽智弁和歌山高内野手太田光(大阪商業大):捕手
3位津留崎大成慶大投手引地秀一郎(倉敷商高):投手
4位武藤敦貴都城東高投手弓削隼人(SUBARU):投手
5位福森耀真九産大投手佐藤智輝(山形中央高):投手
6位瀧中瞭太Honda鈴鹿投手渡辺佳明(明治大):内野手
7位水上桂明石商高捕手小郷裕哉(立正大):外野手
8位鈴木翔天(富士大):投手

楽天|ドラフト評価

ドラフト1位、2位ともに内野手。1位の小深田選手は遊撃手ということもあり、現ショートの茂木選手をサードに置く構想がなんと無く見えてきます。

投手を3選手、外野手と捕手も獲得し全体的にバランス的の良いドラフトな印象です。

特に投手は大卒・社会人を獲得していることから、来シーズンに登板する機会のある投手もいそうですね。

千葉ロッテマリーンズ

千葉ロッテマリーンズ

千葉ロッテマリーンズ

ロッテ|事前ドラフト補強ポイント

ロッテは過去5年のドラフト1位選手は2016年1位の佐々木千隼投手を除き、野手をメインに獲得しています。

その甲斐あってか、向こう数年のロッテ野手陣には個人的に期待が持てるのではないかと思っていますが、若干投手の高齢化が進行しているのが気にかかります。

特に中継ぎ陣に30代が多く、若い風を吹き込んでいきたいポイントとなります。

そして注目される鈴木大地選手のFAに関する去就です。

長年チームを支えてきた鈴木大地選手が抜けるとなると大きな痛手となってくるため、状況によっては即戦力の大卒・社会人内野手を獲得することも視野に入れる必要があると思います。

ロッテ|ドラフト結果

順位選手名出身校守備昨年結果
1位佐々木朗希大船渡高投手藤原恭大(大阪桐蔭高):外野手
2位佐藤都志也東洋大捕手東妻勇輔(日本体育大):投手
3位高部瑛斗国士舘大外野手小島和哉(早稲田大):投手
4位横山陸人専大松戸高投手山口航輝(明桜高):投手
5位福田光輝法大内野手中村稔弥(亜細亜大):投手
6位左古谷拓郎(習志野高):投手
7位松田進(ホンダ):内野手
8位土居豪人(松山聖稜高):投手

ロッテ|ドラフト評価

何と言っても佐々木投手の獲得が大きいですね!

球界のスターとなれるポテンシャルを秘めた佐々木投手の獲得はチームにとって良い影響をもたらすこと間違いなし!

強いて言えば大卒・社会人の即戦力投手を獲得しても良かったのかなと思いますが、2位の佐藤捕手、3位の高部外野手の獲得はチーム状況とかみ合ったドラフトですし、12球団の中でもトップクラスに良いドラフトだったのではないでしょうか。

北海道日本ハムファイターズ

北海道日本ハムファイターズ

北海道日本ハムファイターズ

日本ハム|事前ドラフト補強ポイント

個人的に日ハムは高卒野手がチームを牽引している印象が強いチームです。

現在レギュラーとして活躍している野手はもちろん、清宮幸太郎や野村佑希、万波中正といった選手がまだまだ控えている点に大きく期待が掛かります。

一方で投手陣はシャキッとしない印象が強いです。

今シーズン『オープナー制度』を導入したりと様々な戦略を取った形になりましたが、そもそも投手陣の戦力が整っていないような気がします。

2019年のドラフトでは即戦力の大卒・社会人投手に加え、将来のエースとなる高卒投手を獲得するのが必須となってくるでしょう。

日本ハム|ドラフト結果

順位選手名出身校守備昨年結果
1位河野竜生JFE西日本投手吉田輝星(金足農高):投手
2位立野和明東海理化投手野村佑希(花咲徳栄高):内野手
3位上野響平京都国際高内野手生田目翼(日本通運):投手
4位鈴木健矢JX-ENEOS投手万波中正(横浜高):外野手
5位望月大希創価大投手柿木蓮(大阪桐蔭高):投手
6位梅林優貴広島文化学園大捕手田宮裕涼(成田高):捕手
7位片岡奨人東日本国際大外野手福田俊(星槎道都大):投手

日本ハム|ドラフト評価

日ハムにとってマストな補強であった投手をしっかりと獲得できたのは良かったです。

1位の河野投手は即戦力、2位の立野投手も十分なポテンシャルを持った投手で、全体的に投手優先で良いドラフトだったと思います。

オリックス・バファローズ

オリックス・バファローズ

オリックス・バファローズ

オリックス|事前ドラフト補強ポイント

山岡、山本のタイトルホルダー、球界屈指のスラッガーである吉田正尚を有しながらもパ・リーグ最下位となってしまったオリックス。

全体的な戦力の底上げが必須であることは間違いないでしょう。

特にスタメンキャッチャーである若月は打率.178と、流石に攻撃に難あり…。FAでの獲得や即戦力のキャッチャーによる補強は必須だと思います。

投手に関しては先に挙げた2投手に加え、榊原、田嶋、竹安といったメンツも揃っているため、どちらかというと野手の整備が急務な印象です。

オリックス|ドラフト結果

順位選手名出身校守備昨年結果
1位宮城大弥興南高投手太田椋(天理高):内野手
2位紅林弘太郎駿河総合高内野手頓宮裕真(亜細亜大):捕手
3位村西良太近大投手荒西祐大(ホンダ熊本):投手
4位前佑囲斗津田学園高投手富山凌雅(トヨタ自動車):投手
5位勝俣翔貴国際武道大内野手宜保翔(未来沖縄高):内野手
6位左澤優(JX-ENEOS):投手
7位中川圭太(東洋大):内野手

オリックス|ドラフト評価

内野手、投手をメインに獲得したオリックスのドラフト。

ここまで積極的に投手を獲得するとは予想できませんでした。

山本・山岡両投手の存在に加え、まだまだ若い投手を獲得するとなると、将来のオリックスは投手大国になるような予感がします。

ただ、個人的には捕手の獲得も優先度高いのではないかと思っていたため、その点はFAやオフでの補強という形になのかなと。

読売ジャイアンツ

巨人|ドラフト結果

順位選手名出身校守備昨年結果
1位堀田賢慎青森山田高投手高橋優貴(八戸学院大) 投手
2位太田龍JR東日本投手増田陸(明秀日立高) 内野
3位菊田拡和常総学院高外野手直江大輔(松商学園高) 投手
4位井上温大前橋商高投手横川凱(大阪桐蔭高) 投手
5位山瀬慎之助星稜高捕手松井義弥(折尾愛真高) 内野
6位伊藤海斗酒田南高外野手戸郷翔征(聖心ウルスラ高) 投手

巨人|ドラフト評価

結果を踏まえ、追記致します。

横浜DeNAベイスターズ

DeNA|ドラフト結果

順位選手名出身校守備昨年結果
1位森敬斗桐蔭学園高内野手上茶谷大河(東洋大) 投手
2位坂本裕哉立命大投手伊藤裕季也(立正大) 内野
3位伊勢大夢明大投手大貫晋一(新日鐵住金鹿島) 投手
4位東妻純平智弁和歌山高捕手勝又温史(日大鶴ケ丘高) 投手
5位田部隼人開星高内野手益子京右(青藍泰斗高) 捕手
6位蝦名達夫青森大外野手知野直人(新潟BC) 内野
7位浅田将汰有明高投手

DeNA|ドラフト評価

結果を踏まえ、追記致します。

阪神タイガース

阪神|ドラフト結果

順位選手名出身校守備昨年結果
1位西純矢創志学園高投手近本光司(大阪ガス) 外野
2位井上広大履正社高外野手小幡竜平(延岡学園高) 内野
3位及川雅貴横浜高投手木浪聖也(ホンダ) 内野
4位遠藤成東海大相模高内野手齋藤友貴哉(ホンダ) 投手
5位藤田健斗中京学院大中京高捕手川原陸(創成館高) 投手
6位小川一平東海大九州投手湯浅京己(富山GRN) 投手

阪神|ドラフト評価

結果を踏まえ、追記致します。

広島東洋カープ

広島|ドラフト結果

順位選手名出身校守備昨年結果
1位森下暢仁明治大投手小園海斗(報徳学園高) 内野
2位宇草孔基法大外野手島内颯太郎(九州共立大) 投手
3位鈴木寛人霞ケ浦高投手林晃汰(智弁和歌山高) 内野
4位韮澤雄也花咲徳栄高内野手中神拓都(市岐阜商高) 内野
5位石原貴規天理大捕手田中法彦(霞ケ菰野高) 投手
6位玉村昇悟丹生高投手正隨優弥(亜細亜大) 外野
7位羽月隆太郎(神村学園高) 内野

広島|ドラフト評価

結果を踏まえ、追記致します。

中日ドラゴンズ

中日|ドラフト結果

順位選手名出身校守備昨年結果
1位石川昂弥東邦高校内野手根尾昂(大阪桐蔭高) 内野
2位橋本侑樹大商大投手梅津晃大(東洋大) 投手
3位岡野祐一郎東芝投手勝野昌慶(三菱重工名古屋) 投手
4位郡司裕也慶大捕手石橋康太(関東一高) 捕手
5位岡林勇希菰野高投手垣越建伸(山梨学院高) 投手
6位竹内龍臣札幌創成高投手滝野要(大阪商業大) 外野

中日|ドラフト評価

結果を踏まえ、追記致します。

東京ヤクルトスワローズ

ヤクルト|ドラフト結果

順位選手名出身校守備昨年結果
1位奥川恭伸星稜高投手清水昇(国学院大) 投手
2位吉田大喜日体大投手中山翔太(法政大) 内野
3位杉山晃基創価大投手市川悠太(明徳義塾高) 投手
4位大西広樹大商大投手濱田太貴(明豊高) 外野
5位長岡秀樹八千代松陰高内野手坂本光士郎(新日鐵住金広畑) 投手
6位武岡龍世八戸学院光星高内野手鈴木裕太(日本文理高) 投手
7位久保拓眞(九州共立大) 投手
8位吉田大成(明治安田生命) 内野

ヤクルト|ドラフト評価

結果を踏まえ、追記致します。

2019年 プロ野球ドラフト会議