漫画村の代わりとなるサイトをチェック!

プロ麻雀リーグ「Mリーグ」とは?麻雀のプロスポーツ化を目指して社会的地位の向上を!

近年、eスポーツの世界的な広まりにより日本でもeスポーツ市場が拡大され、様々なゲームなどが楽しまれています。

私自身、スプラトゥーン2やフォートナイトなど、いわゆる「テレビゲーム」に該当するタイトルを楽しんでおり、その盛り上がりを毎日肌で感じています。

実はそういったゲームだけではなく、さまざまなゲームがスポーツとして認定されつつあるんです!

昔から日本で親しまれ、最近はアニメ作品などでも盛り上がりのある『麻雀』がその一つです。

本記事では『麻雀』のプロ公式リーグである『Mリーグ』についてご紹介します。

実際にMリーグを視聴した感想も記事にしていますので、合わせてご覧ください!

【麻雀】Mリーグをリアルタイムで視聴した感想と今後について偉そうに語る

プロ麻雀リーグ「Mリーグ」|麻雀の競技化、健全化等を目的とした公式リーグ

「Mリーグ」は、日本国内においても麻雀の競技化、健全化を図り、麻雀自体の社会的地位の向上及び認知の拡大、新たなファンの獲得を目指すことを目的として発足したプロ麻雀リーグです。

ぶっちゃけ、麻雀に対するイメージって悪いのが本音なところだと思います。

お金を掛けて金銭のやり取りが発生する遊び(博打)、タバコが煙たい密室で、徹夜で不健康な遊び・・・。

私自身麻雀を長年楽しんでいますが、正直な話をするならそれらのイメージは全く持って否定はできないと思います。

しかしながら、麻雀は本当に楽しいゲームで「世代も違う見知らぬ人同士と対等に一緒に遊べる」素晴らしいコミュニケーションツールであるとも思っています。

そのため、悪いイメージが先行してしまうこともあってか麻雀の社会的地位はあまり良くないものとなってしまっています。

そこで、先に挙げた悪いイメージを払拭し麻雀の健全化を進めるために発足したのが「プロ麻雀リーグ Mリーグ」というわけです。

プロ麻雀リーグ「Mリーグ」|公式情報

プロ麻雀リーグ「Mリーグ」の公式サイトをはじめとしたSNS情報などが以下です。

プロ麻雀リーグ「Mリーグ」|参加チーム(企業)

  1. KONAMI 麻雀格闘倶楽部(コナミアミューズメント)
  2. 渋谷 ABEMAS(サイバーエージェント)
  3. セガサミーフェニックス(セガサミーホールディングス)
  4. EX 風林火山(テレビ朝日)
  5. TEAM RAIDEN(電通)
  6. 赤坂ドリブンズ(博報堂DYメディアパートナーズ)
  7. U-NEXT Pirates(U-NEXT)

KONAMI 麻雀格闘倶楽部(コナミアミューズメント)

株式会社コナミアミューズメントによるチーム。
アーケード・スマートフォン・PCなどで展開する麻雀ゲーム「麻雀格闘倶楽部」の名前を冠しています。
”格闘”の名に恥じないよう、闘い抜いてNo.1を目指します。

引用元:Mリーグ公式

渋谷 ABEMAS(サイバーエージェント)

株式会社サイバーエージェントによるチーム。
自社キャラクターのアベマくんと創業以来拠点とする渋谷をモチーフに命名。2014年麻雀最強戦優勝の実力を誇る藤田晋が率います。
引用元:Mリーグ公式

セガサミーフェニックス(セガサミーホールディングス)

エンタテイメント企業グループ「セガサミーグループ」によるチーム。
不死鳥のように、不撓不屈の精神で最後まで諦めず戦います。
人気麻雀アプリ「MJ」を担当する高畑大輔が監督を務めます。
引用元:Mリーグ公式

EX 風林火山(テレビ朝日)

株式会社テレビ朝日によるチーム。
「疾如風、徐如林、侵掠如火、不動如山」言わずとしれた孫子の兵法の極意をもって群雄割拠のMリーグを勝ち抜きます。
引用元:Mリーグ公式

TEAM RAIDEN(電通)

株式会社電通によるチーム。
大相撲史上最強と称される伝説の力士・雷電のような強さと礼儀を兼ね備え、また、雷のごとく電光石火の攻撃を目指すことから命名。
人々を魅了するチームを目指します。
引用元:Mリーグ公式

赤坂ドリブンズ(博報堂DYメディアパートナーズ)

株式会社博報堂DYメディアパートナーズによるチーム。
チームマスコットのサイのように、堅い鎧による守備力と力強く前進する攻撃力を併せ持つチーム。
選手の技術や経験、客観的なデータ、ファンと一丸になった体制など様々な基点をもとに賢く力強くドライブし、麻雀競技の未来を発明します。
引用元:Mリーグ公式

U-NEXT Pirates(U-NEXT)

株式会社U-NEXTによるチーム。
麻雀のプロスポーツ化という未開の大海原へ漕ぎ出す想いと、帆に風を受けてスピードに乗る選手たちをイメージして命名。
進め。U-NEXT Pirates
引用元:Mリーグ公式

「Mリーグ」がきっかけに広く麻雀が普及するように想いを込めて

私自身、長年にわたって麻雀を楽しんできました。

麻雀をきっかけに世代の全く違う友人が増え、物事の考え方なども学ぶことができ、本当に麻雀をはじめて良かったと今でも思います。

「Mリーグをきっかけに麻雀をはじめた!」なんて人が増えるよう、微力ながら当サイトでも応援していこうと思います!

各種情報出典:Mリーグ公式