モンハンワールド攻略記事はこちら!

【球詠(たまよみ)1巻】アニメ化に期待!可愛い女の子が白球を追う姿に萌えろ!【ネタバレ・感想】

可愛い女の子が全力で白球を追いかける漫画、球詠(たまよみ)1巻のネタバレ・感想をまとめていきます。

概要についてはこちらの記事に詳細を書いています。

球詠(たまよみ)ってどんな漫画なの?という方は、是非先にご覧頂ければと思います!

【球詠(たまよみ)】百合要素もある?可愛い女の子が主人公の野球漫画!(作者:マウンテンプクイチ)【感想・レビュー】

球詠(たまよみ)1巻 ネタバレ・感想まとめ

本記事では球詠(たまよみ)1巻を引用して、ネタバレ・感想をまとめていきます。

使用する画像の著作権はマウンテンプクイチ氏・芳文社に帰属します。

それでは早速感想に参りましょう!

まずもって主人公の武田詠深(たけだよみ)が可愛い!

舞台は高校で、主人公が入学するシーンから本格的に物語がスタートしていきます。

絵が非常に見やすくて、柔らかい印象のある作画が良い感じです。

そして主人公の武田詠深(たけだよみ)が可愛い!現実では中々見ない髪型ですが、2次元ならOKです(笑)

作者は野球好きとのことですが、早速気になるワードが飛び込んできます。

「週ぺ」!

本作では「週刊ペナント」という野球雑誌のようですが、恐らく週刊ベースボールになぞらえたものでしょうね(笑)

着眼点が野球を知っている人のそれ

先ほどの「週ぺ」に加え、手の豆についての描写があります。

この辺りは野球を知っていないと出てこないネタですから、作者の野球に関する知識には非常に期待できそうです。

以前書いた記事でも軽く取り上げましたが、野球を知らない作者が野球の漫画を描き、ビハインドにも関わらず9回裏の攻撃をさせてもらえずゲームセットとなっているシーンがありました。

野球好きはその辺りもしっかり突っ込んできますが、逆にしっかりとした知識を前提とした展開があれば、野球漫画として広く認知される作品になると思います。

先ほども述べましたが、作者の知識に期待大!

続々と登場する仲間たち!

主人公が入学した高校の野球部は不祥事を起こしており、活動停止となっています。

主人公は野球を辞め、平穏な毎日を過ごそうとしている、これが最初の入りです。

しかしながらそれでは話が進まない!

野球好きの仲間と巡り合い、更には幼い頃に一緒に白球を追いかけた仲間との再会・・・!というご都合主義な展開で、物語は進行していきます。

別にご都合主義で問題ありません。登場人物全員可愛いですから。

主人公は魔球(カーブ系)の使い手!

この魔球カーブを武器にこれから戦っていく!ということになっていくでしょう!

そして中学生時代にはこのカーブを投げても取ってくれるキャッチャーがいなくて・・・、という漫画作品にはありがちな大エースの過去が語られます。

同じ野球漫画のダイヤのエースでは、降谷がまさにそのパターンでしたね。

この魔球を見事受け止めることが出来る捕手、山崎 珠姫(やまざき たまき)との再会が物語のポイントとなってきます。

彼女がもう一人の主人公、といった感じですね!投手と捕手の苦悩、対立や和解を重ねて・・・、そんな展開が予想されますが、普通の漫画の展開に終始しないことに期待です。

登場人物の元ネタはソフトバンクの選手?

主人公武田詠深(たけだよみ)は現ソフトバンクの武田投手から、ショートは面白助っ人外国人の川崎を元ネタとしているような感じですね。

セカンドの藤田と言えば、楽天の藤田選手でしょうか・・・。他の登場人物も元ネタとなっている選手がいそうな感じがしますね。

この辺りもプロ野球に広く精通していないと拾っていけないネタかもしれません(笑)

こうして先輩や同級生との出会いを重ねながら、選手が9人集まっていきます。

スポーツ漫画は登場人物が多くなるので、そろそろ分からなくなってきます。。

あからさまなお色気要素は無いぞ!

お着替えのカットでもお色気はありませんぞ!

可愛い女の子が白球を追いかける、その姿に萌えるのです・・・!

そして早速試合が始まる!

9人集まった後、突然顧問の先生が登場。監督役は双子の妹ちゃんが務め、頭数は揃った形となりました。

そして早速試合が始まります。この辺の怒涛の展開に追い付いていけない方も多いでしょうが、最初はそんなもんです!多分。

過去のトラウマを克服し、いざ試合の終盤へ!

という展開で1巻は終わりです。

試合の展開はしっかりと野球のそれでしたので、これから読むという方は違和感なく読み進めることが出来ると思います。

話の展開とは一切関係の無い疑問ですが、半ズボンのユニフォームでスライディングしても平気なのでしょうかね・・・。

プロ野球などでも見る長ズボンのユニフォームでも普通に膝をする剥くことがあるので、何となく気になった次第です(笑)

野球漫画として十分なクオリティ!

読んだ感想は大きく3つです。

  • 展開が少々早い
  • 細かい野球ネタが良い!
  • 女の子全員可愛い

展開の早さに少々置いてけぼり感はあるものの、野球漫画としての展開や小ネタ、そして女の子が非常に可愛いという点から、満足な内容であると思います。

女子野球という設定をこれからどう生かしていくのか、他の野球漫画とはどう差別化していくのか、非常に気になります。

期待の野球漫画「球詠(たまよみ)」買って損は無いはずです!気になる方は是非チェックしてみて下さいね!

次の2巻の感想はこちらです!

【球詠(たまよみ)2巻】ついにお色気シーンが!野球の内容も文句無し!【ネタバレ・感想】
【球詠(たまよみ)】百合要素もある?可愛い女の子が主人公の野球漫画!(作者:マウンテンプクイチ)【感想・レビュー】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です