漫画村の代わりとなるサイトをチェック!

電子書籍版の技術書を購入できるサイト一覧まとめ|重い技術書は電子書籍化して作業を効率化しよう!

エンジニアなら誰しもが思う「技術書重すぎ!」という問題を解決すべく、電子書籍版の技術書を購入できるサイトを一覧でまとめてみました。

最近は電子書籍を販売しているサイトが多様化してきていますが、本記事でご紹介するのはそれぞれにメリットがあるものばかりです。

一長一短、利用者それぞれのニーズに合ったものがあるかと思いますので、比較しながら利用をご検討頂けたらと思います。

電子書籍版技術書販売サイト 一覧まとめ

技術書購入サイト|翔泳社 SEshop

SESHOP

翔泳社が運営するSEshopは「プログラミング、マーケティング、デジタルマーケティング、ビジネス」関連の本をメインに取り扱ったオンラインショップです。

IT系技術書に特化したサイトなので、品揃えは他のサイトと比べ物にならないほど充実しています。

Amazon等では取り扱っていない専門書も多いため、割とニッチなジャンルのエンジニアは要チェックかなと思います!

また、SEshopでは「10%OFFクーポンの配布」や「ポイント料率10%還元の書籍が多い」といったメリットもあるため、安く技術書を仕入れることができます。

「品揃えの充実度・書籍の安さ」これがSEshopの魅力ですね!

欲しい専門書があるかどうか、まずはここからチェックしてみるのがおすすめです!

こちらの「【SE+プログラマー超必見!】SEshopはIT書や技術書専門のオンラインショップ!電子書籍化で快適に!」では取り扱いう書籍のラインナップや詳細な情報、登録方法などを解説していますので、気になる方は是非チェックしてみて下さい!

技術書購入サイト|コンテン堂

コンテン堂

コンテン堂は総合書店と様々な専門書店からなるインターネット書店です。

全容が分かりにくいため、以下に各書店を挙げます。

IT系職業の従事者向けの書店は『リックテレコム 電子Books』『IT eBook』がメインとなるかと思います。

『ConTenDo|コンテン堂』を利用するメリットとしては、ただ広く浅く様々なジャンルの本を取り揃えているのではなく、それぞれが独立している特化書店を横断的に利用できる点にあります。

アカウントは書店ごとに作る必要は無いため、自分の求めているジャンルの書籍が複数あるなら登録しておくと良いでしょう!

技術書購入サイト|ひかりTVブック

ひかりTVブック

取扱書籍数が41万冊を超えるという、超ボリュームたっぷりの書店が「ひかりTVブック」です。

一般タイトルから大人なアレまで、もちろんIT系の専門書も数多く揃っています。

ひかりTVブックは比較的新しい電子書籍サイトとなるため、強気なキャンペーンを実施しているのは特徴的です。

定期的に発信されるクーポンには20%OFFのものもあり、料率で言えば他のサイトを圧倒している数字となります。

全体的に漫画や小説が多めですが、鉄板タイトルから超ニッチなタイトル、そしてアレ系のタイトルが多いので、結構長く滞在してしまいます(笑)

無料で読めるもそこそこあるため、サクッと登録してみては如何でしょうか!

技術書購入サイト|DMM電子書籍

DMM電子書籍

様々なサービスを展開していることで知られるDMMは電子書籍販売のサービスも行っています。

IT系書籍のラインナップはそれなりにあるため、他のDMMサービスを利用されている方はDMM書籍をメインの電子書籍プラットフォームに移行するのもありだと思います!

DMMと言えばアダルトなイメージがありますよね。そうです、DMM電子書籍でも・・・。詳細は公式サイトからご確認下さい(笑)

技術書購入サイト|Amazon Kindle

amazonkindleunlimited

電子書籍市場でもトップクラスに知名度が高いであろう「Amazon Kindle」もIT系の専門書は充実しています。

読書端末としてのKindleとの親和性は非常に高く、プライム会員なら超お得に諸々を揃えることが出来るのは他のサイトには無い圧倒的な強みです。

電子書籍単体はそこまで安い印象はありませんが、付属・関連サービスによるメリットは非常に大きいですね!

特に電子書籍読み放題サービスの「Kindle Unlimited」は本が大好きな方なら最高のサービスだと思います。

月額980円(税抜)で対象の本が読み放題、30日間体験無料は有効活用出来る人ならかなりお得です。

ぶっちゃけ以前は微妙な本ばかり多かった(個人作成の何の参考にもならない本が多かった)のですが、最近は有名タイトルも対象になっていたり、全体的に質が高くなっている傾向にあります。

無料体験期間があるので、その期間だけ利用してみるのもおすすめです!

技術書を電子書籍化して快適に!

私自身は技術関連の書籍を完全に電子書籍化できているわけではありませんが、新しく購入する際は必ず電子書籍版が販売されているかどうかをチェックしています。

中には紙の本が良いという方もいらっしゃるかとは思いますが、ケースバイケースになるのかなと。

辞書的な使い方をする場合には検索機能がある電子書籍の方が良いですし、同時に複数冊を見比べたりする場合は紙の本の方が良いかもしれません。

ただし、個人的には電子書籍の方がメリットは大きいと考えているため、積極的に導入している次第です。

本記事で紹介したサイトはいずれもサイトを見ているだけでも楽しかったりするので、是非チェックしてみて下さい!