クリスマスギフトはアマゾンで!セール実施中!

漫画版『転生したらスライムだった件』3巻 ネタバレ・感想・あらすじ・伏線を紹介・解説する!

2巻でイフリートと戦い、シズエを解き放つことに成功した主人公リムルですが、同時にシズエはその生命を終えてしまいました。彼女の思いをくみ取ったリムルは彼女を吸収します。

するとその姿はスライムから子どもの姿になり、人間の持つ味覚などの特徴も手にすることになりました。亡きシズエの思いを胸に、リムルの冒険は続きます。

\アニメ版も配信開始!/

U-NEXTを無料体験する!

期間内に解約すれば料金は一切掛かりません!

漫画版『転生したらスライムだった件』3巻のあらすじ

イフリートとシズエを吸収し、新たな耐性と能力を得たリムル。ある日、森から村に帰ろうとすると、仲間のゴブリンたちが見知らぬ6人組のオーガ(大鬼族)に襲われているところに出くわします。

人間とほぼ同じような背丈に容姿のオーガは村人を魔法で眠らせ、戦闘員と交戦しています。オーガは現れたリムルを「魔人」と呼び、いきなり斬りかかりました。

激しい戦闘の末、イフリートを吸収したことで手にした炎の魔法でオーガを倒すリムル。その技と様子に邪気がないことを感じとったオーガは、リムルが自分らの敵ではないことを悟り、謝罪しました。

そんな彼らをリムルは村に招待し、宴会へと誘います。その道中、オーガの頭領である青年は復讐のために移動していたことを明かします。

彼らは一族をオーク(豚頭族)に滅ぼされ、そのリーダーである魔人を追っていたのでした。彼らの村にいた300ほどのオーガは、数千のオークによって滅ぼされたのです。

彼らの事情を知り、不憫に思ったリムルは仲間にならないかと提案します。一晩考えたオークの若頭は、この誘いを受けます。

こうして、6人のオーガはそれぞれ名前を与えられ、上位種である「鬼人」へと進化を遂げました。

リーダーを務めていた青年はベニマル、その妹はシュナ、付き人のシオン、お目付け役として追従するハクロウ、若い剣士はソウエイ、大工のクロベエと、それぞれに名前が与えられました。新たな仲間を得た村人は彼らを温かく受け入れます。

時を同じくして、世界には異変が起きていました。ベニマルたちを襲ったオークの一団は勢力を増し、リザードマン(竜人)の国へと侵攻を開始しました。20万の軍勢が国に襲い掛かることが判明したことで、リザードマンの国王は息子ガビルを使いに出し、リムルたちのいるゴブリンの村に助けを求めます。

プライドの高いガビルはリムルと鬼人に対して自分らの配下に入る気はないかと尋ねますが、リムルたちは突然の訪問者を軽くあしらいます。

しかし、世界にはすでに大きな異変が起きており、それは見過ごせないレベルに達していました。

ガビルがゴブリンの村に着いた同日、リムルのもとにドライアドが現れ、「あなたにオークロードの討伐をお願いしたい」と告げ、物語は動き出します。

\アニメ版も配信開始!/

U-NEXTを無料体験する!

期間内に解約すれば料金は一切掛かりません!

漫画版『転生したらスライムだった件』3巻の見どころ・注目ポイント(ネタバレなし)

3巻の見どころは新たな登場人物の登場と、物語が大きく動き出すところにあります。

一族の復讐のために魔人を追うオーガの一団は、リムルから名前を付けてもらったことで「鬼人」(オーガの上位種)へと進化を遂げ、頼もしい味方となります。6人の鬼人はそれぞれ異なる知識や特技を持っており、パーティーに変化と多様性を生み出しています。

新たな物語はオーガがオークの大軍に侵攻されることに始まり、その勢力がリザードマンの国に及ぶなど世界に変化が起きていることを暗示していく形で進行します。

4巻への伏線として気になるのが、リザードマンの国王が口にした「オークロード」の存在でしょう。

王は20万のオークを統率できるようなカリスマを持つのは、「特殊個体」と呼ばれるオークロードである可能性を指摘します。

鬼人のベニマルもその可能性について話し、オークロードが数百年に一度の確立で生まれる「化物」であり、生物が持つ恐怖の感情を食らうことで無類の統率力を発揮すると話します。

オークを率いる存在がオークロードなのではないかという疑念が深まるなか、リムルの前に突如現れたドライアド(木の妖精)の衝撃的な発言によって3巻は幕を下ろします。4巻ではオークのリーダーの存在がどのようなものであるかが明かされることが予想されますね。

漫画版『転生したらスライムだった件』3巻のネタバレ感想

一難去ってまた一難というまさに怒涛の展開。読者の想像をはるかに超えるスケールで物語が進行し、目が離せません。

シズエの思いを胸に、新たな姿となったリムルの冒険が幕を開けます。

物語の中で、様々なキャラクターに活躍の機会が訪れることもこの巻ではポイントになります。ドワーフの国では三枚目としての活躍が目立ったゴブリンのゴブタですが、3巻ではリザードマンの頭首との闘いに勝つなど活躍を見せ、今後のストーリーの中での活躍が期待されます。

村を訪れたリザードマンの一行や、リムルの「名づけ」によって鬼人へと進化を遂げた6人のオーガにも注目ですね。

彼らのオークに対する怨恨と、その背後に潜むオークロードの存在が今後のキーになる可能性が高いです。どんどんパーティーが増えて村が大きくなっていく様子はまるで本当にロールプレイングゲームをしているような感覚で、ワクワクが止まりません。

最初から比べてみるとリムルという主人公が、より能動的になったという印象を受けました。

通り魔に刺されたことでこの世界でスライムとして転生したリムルは、当然ながらこの世界のことをよく知らなかったため、出会うことすべてに対して基本的に「受け身」でした。

しかし、スキルや耐性を身に着け、ゴブリンやドワーフとの出会いや町作りを通して少しずつキャラクターにも変化が生まれます。特に運命の人であるシズエと出会ってからは目を見張るような成長を見せていますね。イフリートに取りつかれた彼女を解放し、その思いを「食べて」受け継ぎます。

「魔王、その顔をぶん殴ってやる」と意気込む姿勢から、この物語の中でのリムルの目的が少しずつ明確になってきています。

漫画版『転生したらスライムだった件』4巻への期待・伏線

3巻は総じていえば、物語の大きなターニングポイントでした。1巻と2巻では転生したこの世界のルールを紹介するとともに、主人公のキャラクターが冒険を通して描かれていました。

3巻では運命の人シズエを吸収し、新たな姿とスキルを手にしたスライムの冒険が始まります。

突如現れた復讐に燃えるオーガの一行と、その裏側で起きている事件が3巻のキーポイントです。20万のオークを率いるオークロードとはいったい何者であるのか、500人規模になったゴブリンの村は無事でいられるのか、4巻ではこのような部分に注目ですね。

続けて、3巻のキーとして挙げられるのが「食事シーン」です。人間の姿に擬態ができるようになったリムルは、現実世界のときと同様に味覚を取り戻します。

オンライン・ロールプレイングゲームの醍醐味といえば、冒険と狩りと、そして食事です。

この巻では、リムルが宴のシーンで美味しそうに肉をほおばっているシーンが印象的ですね。また、鬼人のひとりであるシオンが料理を作るも、実はメシマズであるというシーンもコミカルで面白い。バトルシーンの迫力はもちろん、『転生したらスライムだった件』の魅力はこういった生活シーンとのオンとオフにありますね。

何気ないシーンから、キャラクターの素顔を見せるのが上手です。今後、味覚を手にしたことでこういった食事シーンが増えることにも期待が高まりますね。

まとめ

死んだはずなのに、異世界でスライムとして生まれ変わってしまった!

そんなキャッチ―な「もしも」を題材にしたストーリーのこの作品ですが、3巻まで読んでみてもその勢いは落ちるどころか上がっていく一方です。主人公が能動的に考えて動けるという要素が、ストーリーを面白くしていることは間違いないですね。今後も目が離せません。

\アニメ版も配信開始!/

U-NEXTを無料体験する!

期間内に解約すれば料金は一切掛かりません!