クリスマスギフトはアマゾンで!セール実施中!

漫画版『転生したらスライムだった件』6巻 ネタバレ・感想・あらすじ・伏線を紹介・解説する!

オークロードを撃退し勢力を増したリムル達は、かつてカイジンと大変な目にあった武装国家ドワルゴンにとって注意すべき集団だと注目されていました。

鬼人を配下に従えるリムルに対し動きを見せるドワルゴンの王ガゼルは友好的な関係になってくれるのでしょうか。

また、リザードマンの集落を追い出されたガビルの動向も気になります。

\アニメ版も配信開始!/

U-NEXTを無料体験する!

期間内に解約すれば料金は一切掛かりません!

漫画版『転生したらスライムだった件』6巻のあらすじ

リムル達と対面し盟約を結ぶドワルゴンの王とは別の場所で、更なる計画を目論んでいるのはディザスターの危険度を持っている魔王達でした。

ジュラの森の集団が国としてのスタートを切ったのも束の間、魔王自らがリムル達の前に現れます。

漫画版『転生したらスライムだった件』6巻の見どころ・注目ポイント(ネタバレなし)

守りきった町はリルムが望む形の発展を繰り返し、ある国の王から願ってもない提案をされ決断を迫られます。そして、オークロードを見事撃退したのも束の間、更なる脅威が訪れます。

リルム達はオークロード以上の敵を前にどう立ち向かうのでしょうか。

漫画版『転生したらスライムだった件』6巻のネタバレ感想

武装国家ドワルゴンの王は暗部からの手紙でオークロードが討伐された事を知ります。討伐に尽力したのはホブゴブリンと牙狼族の変異種や鬼人、リムルの配下達の事です。鬼人を従えているスライムはオークロードよりもどうにかしなければいけない相手だとし、ドワルゴンの王が自ら動き出します。

その頃リムルの町ではアビルに勘当されたガビルがリムルの配下に志願しに訪れていました。リムルが名付けをする事によりリザードマンはドラゴニュートへと進化したので、戦力としても期待できる存在に成長しました。

中でもガビルの妹ソーカは角と羽を収納する事も可能な人型に近い進化をした事により人間の国での諜報活動にも対応できそうです。ガビルには回復薬の原料の栽培を一任しますが、イマイチの成果しかでていないのが現状です。

ドラゴニュートの各配属も決まり落ち着いた頃、隠密隊がリムルの町から北に位置する空に5000にも及ぶ武装集団を確認します。空から一直線に向かってくる軍勢の招待は空を舞う天馬ペガサスです。町に下降を始める武装集団と何とか争いを避けたいと思っているところ、ドワーフのカイジンがペガサスに思い当たるところがあると発言します。

ドワーフ王の直轄の極秘部隊の名前がペガサスナイツだというカイジンの予想は的中します。ペガサスから降り立った人はドワルゴンの王ガゼル王その人でした。

リムルとカイジンはドワルゴンで裁判にかけられた際、このドワルゴンの王ガゼルの公明正大な裁決のおかげで助かった一件があります。私人として来たと言うガゼルは斬り合いを求め、剣を受け止められた事をキッカケに話し合いの場を求めてきました。

話すに値する人物と認められたリムルと、実は300年前に鬼人ハクロウに剣を教わった事があるガゼルはこのまま話し合いに移ります。ハザード、カラミティ、ディザスターと上がっていき魔王はディザスターに区分される事を伝えたガゼルは、リムルに魔王には手を出すなと忠告します。

時を同じくして、オークロードを倒した事により注目しているのはガゼルが収めるドワーフの国だけではありませんでした。リムルの町とは遠く離れた場所で行なわれている魔王達の会談でオークロードが倒された事に腹を立てているのは最古の魔王ミリムです。同席しているのは魔王カリオン、魔王フレイ、魔王クレイマン、4人の魔王が一堂に会した事になります。

魔王達はジュラの大森林で行なわれたオークロードとの戦いの一部を映像記録として所持しており、リムル達の軍勢に面白い人材がいる事を確認していました。

魔王達の目的は新しい魔王の擁立ですが、それを念頭に集まっている訳ではないフレイは上の空で会合に参加しているようです。それでも参加している意味は魔王間の条約の提案の存在です。提案した魔王の他二名の魔王の賛同が必要となる制度の為に賛同者の数を増やす為にも、フレイの存在は大きいと言えます。

何か別の思惑があるクレイマンを横目に、ミリムはミリムが治めるジュラの大森林に単身攻め込むと息巻いています。ジュラの大森林には不可侵条約がありますが、その条約を撤廃させるのに十分な人数の魔王がこの場に存在するからです。結果、不可侵条約は撤廃されジュラの大森林への侵攻は早い者勝ちという形になりました。

森が騒がしくなる気配を感じている中、リムルとガゼルの話し合いは進み、ガゼルはリムルと盟約を結ぶ手はずとなっています。魔物の集団を国として認め、ドワーフ国は後ろ盾になるという案は悪くない話です。盟約の条件は国家の危機に際しての相互協力と技術の相互提供の二つ、リムルは即決し立国に際し国の名前を決める事になりました。

翌日、三段階の魔物の区分の更に上のカタストロフの存在を知ります。そのカタストロフに該当するのがリムルの強さの根源ヴェルドラと一部の魔王だけとの話で、ほぼ出会う事もない存在のはずですが、今ジュラの大森林に向かっているミリムがそのカタストロフだという事をまだリムルは知りません。

早速、立国して名前もついたジュラテンペスト連邦国とドワーフの国ドワルゴンの代表による調印が行なわれました。リムル達はリザードマンやトレントなど支配地域を別に持つ種族も居るので連邦国となりました。

テンペストの首都の名前はリムルに決定し、交易都市として賑わいを始めこれからという時に、カタストロフに該当する魔王ミリムが町外れを訪れます。リムルは一早くその気配に気がつき対面しますが、比較的友好的な対応に拍子抜けします。

配下の鬼人やランガが攻撃を加えてしまい抗戦する事も已む無しといった状況になりますが、この国ではまだ珍しい蜂蜜でミリムの心を掴む事に成功します。リルムのユニークスキル捕食者でも太刀打ちできないエネルギーを持っているミリムですが、ハチ型魔蟲で採取した蜂蜜が思わぬところで役に立ちました。ミリムを手懐けリムル達に手出ししない事を約束し万々歳のリムル達。ミリムが早々に街中でガビルが吹っ飛ばされる一幕もありましたが、住人にミリムのお披露目も終わり、ミリムはテンペストに居座る事になりました。

魔王ミリムは魔王の中でも元々人気があり住民にも受け入れられ、歓声が上がるほどでした。リルムや連邦国にとってミリムとの友好関係は嬉しい誤算と言えるでしょう。

\アニメ版も配信開始!/

U-NEXTを無料体験する!

期間内に解約すれば料金は一切掛かりません!

漫画版『転生したらスライムだった件』7巻への期待・伏線

オークロードの一件により国として立国し、ドワーフの国との盟約に漕ぎ着ける形になったリムル達は、カタストロフと呼ばれる魔王ミリムと友達になり更に強大な力を持つ存在となりました。

しかし他の魔王はテンペストを狙っている最中、別の魔王の勢力に対してのミリムの立ち位置がどうなるのかが気になるところです。ミリム当人はリルムの街にすっかり馴染んでいるので、いずれ魔王対魔王の構図が見られるかもしれません。

魔王の中では相変わらずクレイマンがフレイに対して何か手を回しそうな雰囲気がありました。また自分の手を汚さずに暗躍していきそうですね。ドワルゴンとの盟約は魔法によって保障され世に公開されるので、この連邦国の存在そのものを脅威と感じ新たな展開があるかもしれません。

脅威のカタストロフ登場

リルム達がとうとう連邦国として動き出しましたが、そこにオークロードとは比べ物にならないほどの脅威が訪れました。カタストロフとも呼ばれる魔王ミリムが単身でやってきた時は首都への被害は免れないと誰もが考えます。

リルムの機転で被害どころか手懐ける事に成功してしまうとは、さすが連邦国の王リルムといったところでしょう。

\アニメ版も配信開始!/

U-NEXTを無料体験する!

期間内に解約すれば料金は一切掛かりません!