モンハンワールド攻略記事はこちら!

【球詠(たまよみ)2巻】ついにお色気シーンが!野球の内容も文句無し!【ネタバレ・感想】

今回は球詠(たまよみ)2巻の感想をまとめていきます。

前回には無かった、分かりやすいお色気シーンがあるので、是非期待して下さい(笑)

もちろん、野球の内容にも注目ですよ!エロい目で見てばかりいてはいけません!!!

前回のあらすじはこちらの1巻の感想記事を参照ください。

【球詠(たまよみ)1巻】アニメ化に期待!可愛い女の子が白球を追う姿に萌えろ!【ネタバレ・感想】

球詠とはどんな漫画?という方はこちらの紹介記事をご覧下さい!

【球詠(たまよみ)】百合要素もある?可愛い女の子が主人公の野球漫画!(作者:マウンテンプクイチ)【感想・レビュー】

球詠(たまよみ)2巻 ネタバレ・感想まとめ

本記事では球詠(たまよみ)2巻を引用して、ネタバレ・感想をまとめていきます。

使用する画像の著作権はマウンテンプクイチ氏・芳文社に帰属します。

それでは早速感想に参りましょう!

登場人物のおさらいから!

意外とこれが重要なんです。なにせ野球の漫画は主人公の所属するチームの登場人物で10人以上、それが掛ける相手チーム分と増えていくからです。

というわけで、軽くおさらいしていきましょう。

やはり扱いが違う!主人公となるのはこの2人ですね!

こちらが主人公の高校である「新越谷高校」の登場人物です。

この中では中村希がイチオシです。九州の方言はやっぱり可愛い!

そしてこちらが練習試合の相手となっている高校の登場人物です。

これ、中日の選手の名前を元ネタにしていますよね・・・?

朝倉、大野が名前が並んでいるのには流石に笑いました(笑)

※朝倉コーチ、大野投手の間で過去に揉めたことがあるというネタ

今回の野球ネタも良い感じ!

こちら、話数のタイトル挿絵なのですが・・・、「種田のモノマネ」!!!

中日などでプレイし、ガニ股打法で知られる種田選手のモノマネをやっています(笑)

これまた中日関連の内容をぶっこんでいますが、作者はソフトバンクファンだったような・・・?セだと中日好きなのですかね?

こういう小ネタ、大好きなんですよ!多分プロ野球が好きな人なら、確実に拾ってしまうと思います(笑)

展開は試合の中盤から

何とか相手を抑えながらも、ジワジワと追い詰められている展開です。

主人公の投げる魔球は大きい変化量であるが故に見極められやすい点、ストライクを取ってもらえないケースがある点など、本格的な内容が盛り込まれています。

ちなみに、こちらは個人的に好きなワンシーンです。

左打者の外角を崩されながら流し打ちし、外野のラインに打つ様子が見事に表現されています。

実際に野球を見ることが多い方はこの絵の表現は非常にイメージしやすいはずです!

こういうところに絵が可愛いだけではない、クオリティの高さを感じますね!

相手チームのエースが登場

1巻で少しだけ登場していた相手チームの本当のエースが登板します。

速球派のピッチャーで、エースとしての風格漂う選手として描かれています。

球威のある真っすぐに加え、ウイニングショットとなるスプリットで打者を翻弄します。

フォークではなく、スプリットという表現は何だか最近の野球っぽい感じがして良いですね!

圧倒的なピッチングに抑え込まれ、試合終了

相手投手に完全に抑え込まれ、初の試合は敗戦となってしまいます。

試合の展開としては非常に読んでいて楽しいものでした!

細かい野球の展開にも不整合は無いですし、球詠の野球に引き込まれるような感覚があります。

これは次回の試合内容にも期待が出来る!

待ちに待ったあのシーンが!!!

試合が終わった後、チームメイト・そして監督である川口姉妹の家で反省会する流れとなります。

立派なお宅のようで、そのままお風呂を借りて飲み食いしながら反省会・・・。お風呂・・・?

お風呂です!お風呂のシーンです!!!

そのシーン、是非ともご紹介したいところなのですが・・・、思っていた以上に露出度高めです!というか着てませんから!

ですので、そのシーンはご自身でお確かめください(笑)

(熟女っていう面白Tシャツ着てるけど、作中で誰も突っ込んでないという・・・)

合宿編に突入!

前回の練習試合での敗戦から、チームに不足している点を補強しようと様々な対策を講じていきます。

守備練習を中心に、サブポジションの練習など、内容は本格的です。

その中で新しく2名が投手を務めることとなり、試合状況に応じた継投等、試合展開にも幅が出てきそうです。

練習試合では立て続けに敗戦

合宿は各自の弱点を補い、長所を伸ばす形であっさりと進行していきます。

物語の進行スピードは今回も早めなので、ちゃんと追い付いていきましょう!

合宿後半には試合を2戦行い、新しい投手を実践で使いながらも負けてしまいます。

細かいデータを分析する監督が良い味を出すキャラ

本作品では随所で細かい野球に関する知識を披露している川口芳乃(マネージャー兼監督・双子の妹)が良い味を出しています。

得点圏打率のデータを眺めるシーンが今回のお気に入りです。

選手の身体的な分析からこうしたデータ分析まで、かなりの知識量を持つキャラクターとして際立っていますよね!

個人的にはセイバーメトリクスを用いて、より細かいデータ分析の話が出てくれると嬉しいです(笑)

【野球】セイバーメトリクスとは?野球×統計学の最強の分析手法!たった2つの指標で野球が楽しくなる!【セイバーメトリクス】

合宿後、初の練習試合!

合宿中の練習試合での反省を活かし、さらに練習試合に臨みます。

この試合は前回、前々回の練習試合とは異なり、しっかりと展開に注目されて物語は進行していきます。

相手チームを分析しその内容に基づいた戦略を立て、実践しながら試合を行う様は、本格野球漫画さながらです。

やはりこの監督が良い味を出してくれています!

合宿中に練習したことを実践し、主人公も新しく覚えたカットボール・ツーシームを駆使し相手とぶつかっていきます。

そして、ようやく、初勝利が!今回の2巻はこの初勝利で無事に終わりとなります。

クオリティは十分!次回にも期待!

お色気シーン、そして細かい野球ネタ、今回も大満足の内容でした。

ただ、やはり話の流れが早いのでもっとじっくりでも良いのかな・・・、という感想は前回と同じですね。

次回は県の予選、つまりは大会が始まるようです!登場人物も一気に増えてくるでしょうし、置いていかれないようにしないといけませんね!

【球詠(たまよみ)】百合要素もある?可愛い女の子が主人公の野球漫画!(作者:マウンテンプクイチ)【感想・レビュー】
【球詠(たまよみ)1巻】アニメ化に期待!可愛い女の子が白球を追う姿に萌えろ!【ネタバレ・感想】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です