モンハンワールド攻略記事はこちら!

【プロ野球】12球団で一番人気のある球団はどこなのか?1位は阪神!続いて、巨人、ソフトバンクが人気!逆に不人気な球団は?

2018年時点で日本プロ野球ではセ・パ両リーグで合計12球団が所属しています。

各球団にはその球団を応援するファンがいますが、どうしても人気な球団と不人気な球団が存在してしまいます。

今回は、12球団のうち最も人気のある球団はどこなのか、そして残念ながら最も人気の無い球団はどこなのかを見ていきたいと思います。

なお、比較にあたっては球場に足を運んだ「入場者数」を見ていきます。「入場者数」のみで人気度の全てを判断は出来ないかとは思いますが、一つの指標としてご覧頂ければと思います。

今回参考とするデータはこちらの記事で紹介している、NPB公式サイトの公開データです。

【プロ野球ファン必見】日本プロ野球に関するデータや記録、コラムを取り扱っているサイトをまとめました!【2018年最新版情報】

セ・リーグとパ・リーグ、どちらが人気なのか?

12球団の比較を行う前に、まず「セ・リーグ」と「パ・リーグ」のどちらが人気なのか、ご存知でしょうか?

以下の数字は2017年のシーズン実績値です。

セ・リーグ パ・リーグ
入場者数合計 14,024,019 11,115,444
試合数 429 429
1試合平均 32,690 25,910

一目瞭然ですね。「セ・リーグ」の方が「パ・リーグ」より人気が高い!という状況です。

加えて、「セ・リーグ」の入場者数合計は過去最大の数値を叩きだしています。

横浜DeNAが19年ぶりの日本シリーズ出場の影響もあってか、非常に「セ・リーグ」が盛り上がった印象があります。

12球団別、入場者数を見てみよう

以下が12球団別の入場者数一覧です。

※各球団のホームゲームの入場者数

順位 球団名 累計入場者数
1 阪神 3,034,626
2 巨人 2,958,890
3 ソフトバンク 2,526,792
4 広島 2,177,554
5 日本ハム 2,086,410
6 中日 2,010,772
7 DeNA 1,979,446
8 ヤクルト 1,862,731
9 楽天 1,770,108
10 西武 1,673,219
11 オリックス 1,608,751
12 ロッテ 1,450,164

この圧倒的格差・・・!特徴を見ていきましょう。

最も人気のある球団は阪神!続くは巨人、ソフトバンク

唯一累計300万人を超えているのが阪神です。

熱狂的なファンの多い球団ということもあり、皆さん現地に足を運んで応援されているのでしょうね!

続いて、巨人、ソフトバンクとなっています。これまたファンの多いイメージのある球団ですね。

1位の阪神と2位の巨人は僅差ながら、巨人とソフトバンクには50万人近くの差があります。

構図としては阪神・巨人のツートップといった形になっています。

最も人気の無い球団は・・・、ロッテ

まず、最下位となっているのがロッテです。そして下から4番目までがパ・リーグ所属の球団です。

ロッテに至っては1位の阪神と倍以上の差があり、非常に寂しい数字となっています。

追い打ちをかけるようですが、ロッテ+オリックスの入場者数でギリギリ阪神の数字を超すことが出来るという・・・。

もっとロッテを応援してあげましょう・・・!!!!!(ちな鷹)

昨年より最も入場者数の増えた球団/減った球団

さて、少し角度を変えて見てみます。

2016年から人気度が上がった球団、そしてその逆の球団はどこなのかを調べてみました。

その結果が以下となります。

球団名 2017年入場者数 2016年入場者数 前年比
増えた球団 楽天 1,770,108 1,620,961 +10.7%
減った球団 オリックス 1,608,751 1,794,475 -9.1%

2017年シーズンの序盤に破竹の勢いだった楽天は前年比10%の入場者数となっています。

やはりチームが強いとそれだけお客さんは現地に足を運ぶというわけですね。

そしてオリックスはガツッとお客さんが減っている状況です。

オリックスは完封負けが多いイメージですが、やはりシャキッとした試合展開が少なかったからでしょうか、現地に観戦に行く人が減ってしまったようです。

 

パ・リーグをもっと盛り上げよう!

入場者数の上がり下がりが激しいチームはいずれもパ・リーグ所属のチームですが、根強いファンがまだまだ少ないという事実を示唆しているような気がします。

加えて、入場者数の下位もパ・リーグのチームですから、もっともっとパ・リーグが盛り上がってほしいですね・・・!

どうしても順位というのは決まってしまうものですが、それでも応援し続けたいと思えるよう、チームそのものの魅力を発揮してもらいたいものです。

2018年はどのような順位、そしてお客さんはどれだけ入るのか、気になるところです。

【プロ野球ファン必見】日本プロ野球に関するデータや記録、コラムを取り扱っているサイトをまとめました!【2018年最新版情報】
参考

参考ページ・統計データNPB公式

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です