毎日セール実施中!

【2020年ソフトバンク】福岡ソフトバンクホークス2020年開幕オーダー・スタメン選手予想

【2020年ソフトバンク】福岡ソフトバンクホークス2020年開幕オーダー・スタメン選手予想

本記事では福岡ソフトバンクホークスにおける2020年のスタメン選手を予想しまとめています。

執筆時点ではFAがまだ解禁されていないことから、現状の戦力でのオーダーとなっています。

また、開幕時には正式なオーダーを追記していきます。

\プロ野球見るならDAZNが超おすすめ!/

DAZNを無料体験する!

1ヶ月間無料体験中に解約すれば料金は一切掛かりません!

ソフトバンク2020開幕スタメンオーダー・レギュラー

打順選手名守備位置
1牧原大成
2今宮健太
3柳田悠岐
4デスパイネ
5グラシアル
6中村晃
7松田宣浩
8内川聖一
9甲斐拓也

2020年の打順、スタメンポジションは上記と予想します。

2019年のスタメンから大きく変わることは無さそうですね。強いて言えば、デスパイネ(3年契約の3年目)・グラシアル(単年)の契約が気になるところ。

気になる点など、以下でご紹介していきます。

\プロ野球見るならDAZNが超おすすめ!/

DAZNを無料体験する!

1ヶ月間無料体験中に解約すれば料金は一切掛かりません!

高齢化に伴う、内川・松田の運用(2018年からの継続課題)

2018年シーズンと同様に、2019年でも内川・松田両選手の存在は大きいものでした。

しかしながら、両選手の後継者とも言えるような選手は2019年にも現れず、継続した課題になっているのが現状です。

サード・グラシアル、ファースト・中村晃といった運用でカバーしていますが、本来なら若手にここを埋めてもらいたいところ。

オールラウンダーな選手が多い為、内野手をうまく運用していますが、個人的にはズバッと若手起用で将来に向けた動きがあるとこの先はより明るいのかなと。

外野手ではありますがライトの上林が本調子となって戻ってくれば若返りも可能ですし、まだまだ期待したい若手はたくさんいます。

2020年シーズンは、若手内野手の台頭に期待です…!

キーマン:セカンド牧原大成の安定感が増すと打線はより脅威に

2019年のCS、そして日本シリーズで活躍しているセカンドの『牧原大成』。

1番ながら超攻撃的なバッティングで、初球から果敢に攻めるタイプの打者です。

調子が良ければチームに勢いをもたらす切り込み隊長、調子が悪ければ三球三振のぶんぶん丸…。

シンプルに走力があるものの、割と暴走しがちな点があるため安定感に欠けがちな選手です。

しかしながら、パンチ力のあるバッティングと積極性、そして素晴らしい守備力は非常に魅力的です。

走攻守において、走・攻の2点で安定感が増すと本当にホークス打線は他球団にとって脅威になると思います。

ユーティリティプレイヤーとして内外野のいずれも守ることができますし、チーム状況に応じて様々な役割が持てる選手なので、ケガが無くより安定感のある選手となれると、チームにとって欠かせない存在になっていくでしょう!

2020年のキーマンとなる野手として個人的に注目しています!

若手内野手の育成も継続課題

2017年シーズン開幕前、そして2018年シーズン開幕前にも同じことを当ブログで掲載していました。

スタメン予想の内野手はショートの今宮を除き、全員が30代となっています。

内川・松田はそこまで衰えを感じさせないものの、それでも怪我や疲労によるリスクは高まっているはずです。

引用元:福岡ソフトバンクホークス2018年オーダー予想

衰えを感じさせないと書いてはいますが、現状に合わせたシフトチェンジが必要であることがわかったシーズンだったのではないかと思います。

主力であった彼らの衰えも相まって、より一層若手内野手の育成が急務でしょう。

引用元:【2019年ソフトバンク】福岡ソフトバンクホークス2019年開幕オーダー・スタメン選手予想

結局毎年同じことを言い続けている感じになっていますが、やはり内野手の若返りは急務だと思います。

三塁手として2019年シーズン全試合出場している松田はいまだ健在といったところですが、内川の後継者を見つけることは優先順位が比較的高めかと思います。

セカンドは牧原によって若干ではありますが若返りに成功しているため、サード・ファーストの若手起用が気になるところです。

\プロ野球見るならDAZNが超おすすめ!/

DAZNを無料体験する!

1ヶ月間無料体験中に解約すれば料金は一切掛かりません!