モンハンワールド攻略記事はこちら!

【球詠(たまよみ)】百合要素もある?可愛い女の子が主人公の野球漫画!(作者:マウンテンプクイチ)【感想・レビュー】

数ある野球漫画の中でも、最近熱い野球漫画あります。

それはなんと、可愛い女の子が主人公で、かつ女子野球を題材とした漫画なんです。

過去に女子野球をテーマとした漫画はありましたが、この漫画は一味違う!

今回はその「球詠(たまよみ)」という女子野球漫画をご紹介していこうと思います!

1巻の感想まとめはこちらになります。合わせてご覧下さい!

【球詠(たまよみ)1巻】アニメ化に期待!可愛い女の子が白球を追う姿に萌えろ!【ネタバレ・感想】

(画像出典元:球詠 1巻 表紙)

球詠(たまよみ)基本情報

  • 作者:マウンテンプクイチ
  • 出版社:芳文社
  • 掲載紙:まんがタイムきららフォワード
  • 巻数:3巻

作者のマウンテンプクイチ氏は百合要素の表現が非常に得意で、作中にもその要素が盛り込まれています。後述するマウンテンプクイチ氏のpixivでは素晴らしい絵を多数公開されているので、大変目の保養になります。ありがとうございます。

なお、Twitterでは飯画像がほとんどであるため、過度な期待はしてはいけません。

加えて、氏はホークスファン。試合になると実況をされていたりと、Twitterでは違った一面を見ることが出来ます。

私もホークスファンなので、どこか親近感を勝手に感じています。(負けた日の怒りのラーメンとか)

球詠 あらすじ

中学時代、1回戦負け野球部の投手だった武田詠深(たけだ・よみ)。
捕手が捕れないため、投げることができなかった「魔球」への後悔を抱えたまま、
野球部が停部中の新越谷高校に進学する。
そこで詠深が再会したのは、幼なじみの山崎珠姫(やまざき・たまき)。
捕手として力を付けていた珠姫は、詠深の全力投球を受け止めることができた。
幼い頃に誓った約束を果たし、めぐり逢ったバッテリーは、
一度は立ち止った「球道」を再び歩みはじめる……
白球に恋する少女達の物語、開幕!

引用:Amazon

まずもって、非常にキャラが可愛い。これはもう作画が素晴らしいと言うべきでしょう。

そしてただ可愛いだけではなく、キャラの関係性や野球の描写、今の時代の流れにあった内容、漫画として非常にクオリティが高いです。

今や一般にも浸透している「萌え系」の登場人物たちが全力で、そして本気で野球に取り組んでいる描写は、野球ファンなら惹かれるものがあるはずです。

また、前提として「女子野球が普及している世界」のお話しとなっています。

1話冒頭にて、甲子園を示唆する描写、そして4000校の頂点を目指す旨の文言や「球女」というキーワードが登場しています。

昨今、実際の女子プロ野球なども盛り上がってきているので、この流れを汲んだ非常に良い題材であると思います。

現在の最新刊は3巻!

本記事を執筆時点の2018年1月18日で、3巻まで発売されています。

1巻

1巻感想記事はこちら!

【球詠(たまよみ)1巻】アニメ化に期待!可愛い女の子が白球を追う姿に萌えろ!【ネタバレ・感想】

2巻

2巻感想記事はこちら!

【球詠(たまよみ)2巻】ついにお色気シーンが!野球の内容も文句無し!【ネタバレ・感想】

3巻

注目ポイント

個人的な注目ポイントをまとめていきます。

可愛い登場キャラクター

この一言に尽きます。

本格的な野球漫画ながら、しっかりとキャラが作り込まれており、かつ非常に可愛い。

私のイチオシは武田詠深ちゃんです(笑)

キャラが可愛いだけではなく、キャラ同士の関係性や立ち位置、野球における精神的な描写など、ただキャラクターが可愛いに終始しないところが非常に魅力的です。

女子野球という背景

今現在、女子は高校野球の大会に出場することが出来ません。

日本高等学校野球連盟の規約に以下の条文があります。

第5条
参加選手の資格は、以下の各項に適合するものとする。
(1)その学校に在学する男子生徒で、当該都道府県高等学校野球連盟に登録されている部員のうち、学校長が身体、学業及び人物について選手として適当と認めたもの。
引用元:平成29年度大会参加者資格規定|憲章&規定|公益財団法人日本高等学校野球連盟

この「女子が高校野球の大会に参加することが出来ない」件については、様々な議論が交わされています。

ここではこれ以上の言及は行いませんが、「女子が野球をすること」のハードルが少しでも下がるのであれば・・・。なんて気持ちでこの漫画を読んでいました。

いつか男女の垣根が無く野球をプレイする世界となれば、本作品とはまた違った、男女混合の漫画が公開されるのかなぁ、とか考えたりします。

細かい描写がリアル

個人的に「おおっ!」となったのが、手の豆についての言及や筋トレ、プロテインに話題が妙にリアルであった点です。

野球に疎い作者が野球漫画を描いて、「9回の裏の攻撃をさせてもらえていない描写がある」なんてこともありますから、作者は野球に詳しく、そして野球が好きなんだなぁと感じた瞬間でした。

細かい描写と言っても
百合的な演出やサービスシーンは控えめです。細かい描写と言っても「野球に関して」です!(笑)

最後に

野球漫画が好きという方は是非読んでみて損は無いと思います。

ゴリゴリの野球漫画とはまではいかないため、比較的野球に詳しくない方でも読みやすいですし、絵が非常に綺麗なのでまず1巻だけでもご覧になってみると良いかと思います!

【球詠(たまよみ)1巻】アニメ化に期待!可愛い女の子が白球を追う姿に萌えろ!【ネタバレ・感想】
マウンテンプクイチ氏SNS

Twitter:@pukuichi

pixiv:マウンテンプクイチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です