【2020年】プロ野球セ・リーグ順位予想|1位は巨人最下位は阪神?

【2020年】プロ野球セ・リーグ順位予想|1位は巨人最下位は阪神?

本記事では日本プロ野球ファン歴20年の野球ブロガーによる『セ・リーグ順位予想』をご紹介します。

主観たっぷり、応援している球団への贔屓が若干含まれている順位予想なので、あくまでもご参考程度にご覧下さい(笑)

もしよろしければ、この記事をご覧の『あなたの順位予想』をコメントください!記事内にてご紹介させて頂きます!

2020年セ・リーグの優勝はどこ?順位予想

優勝:読売ジャイアンツ(巨人)

2019年は日本シリーズに進出したものの、無念の4連敗という歯切れの悪いシーズンでした。しかしながら5年ぶりのリーグ優勝を果たし、強い巨人を見られたシーズンでもありました。

シーズンオフでは巨人のエースとも言える成績を残した山口俊が抜け、かつ目立った補強もありませんでしたが、セ・リーグにおいて戦力が整っているチームであると言えるでしょう。

坂本勇人・丸佳浩・岡本和真の頼れる野手陣に加え、新助っ人外国人のパーラを獲得。

巨人のエースである菅野が本調子となり、高橋優貴・桜井俊貴の若手が昨季の経験を踏まえ投手陣を牽引できれば優勝は近しいはずです。

ただし、先発ローテは若干手薄となっているため、打線の奮起と先発陣の踏ん張りがカギになりそうです。

2位:広島東洋カープ

2019年シーズンはまさかの失速で連覇を逃し、更にはBクラス入りしてしまったカープ。

シーズンオフで菊池が移籍しなかったことはチームにとって非常に大きく、投手陣・野手陣が2018年までと同じ活躍を見せてくれればAクラス入りは十分視野に入るでしょう。

変わらず頼れる4番の鈴木誠也、エース大瀬良とジョンソンといった計算できる選手も多いので、ドラフト1位入団の森下暢仁・小園海斗・アドゥワ誠といった若手が台頭して来れば、優勝争いに食い込むことは間違いないと思います。

3位:DeNAベイスターズ

ハマの4番筒香がメジャーに移籍し、BIG4再構築を余儀なくされたDeNAですが、Aクラス入りを狙える戦力はあると思います。

2019年シーズンは戦力として計算できる選手の不調もあり、思うような野球ができない期間が長くありました。

しかしながら、投手陣は若手を中心にメンツが揃っており、野手陣も佐野をはじめとした若手が育ってきています。

中堅・ベテラン勢がしっかりと動ければ、優勝圏内まで勝ち進めるでしょう!

4位:中日ドラゴンズ

2019年は打率トップ、防御率は3位と投打ともに実力十分なチーム。

内野陣には脂の乗ったメンバーが多く、根尾をはじめとした期待の若手が多く在籍しています。

1番を打つ大島、中軸を任されているビシエドや高橋、そして阿部といったメンツを中心に攻め抜ける戦いで勝ち星を重ねることでAクラス入りも視野に入ると思います。

どうしても気になるのはロドリゲスの退団。中継ぎとしてチームに貢献してくれた穴をどう埋めるかが課題になりそうです。

5位:阪神タイガース

昨季は滑り込みでAクラス入りし、矢野新監督としてはまずまずの成績を残した2019年シーズン。

安定感のある投手陣が2020年も稼働し、どこまで打ち勝てるかが鬼門となりそうです。

昨季の打線は打順を固定できなかったところを新助っ人外国人のジャスティン・ボーアを軸に打線が奮起することで、2020年シーズンに固定化できればAクラス入りもワンチャン…?

2019年の成績はいったん忘れて、2020年にチームを再構築して欲しいなと!

6位:東京ヤクルトスワローズ

今年もヤクルトは厳しそうな予感です。

若い力が立ち上がって、バレンティンの抜けた穴を埋めることができるかどうか。

主力となっているベテラン勢の怪我や疲労の状態も気になるところなので、若手がチームを牽引することがペナントでは重要となりそうです。

読者順位予想

匿名さんの順位予想
ヤクルト
横浜
巨人
広島
中日
阪神

11 COMMENTS

匿名

確かに無難な予想やなw
ただまぁだいだいこんな感じになりそうだよな

山岡匠

ヤクルト

カープ
D
中日
阪神

ヤクファンなので贔屓目でw

ドラゴンズ

1広島
2巨人
3中日
4横浜
5阪神
6ヤクルト

代走こうのとり

1中日 2巨人 3DeNA 4ヤクルト 5広島 6阪神

たっちゃん

1DeNA
2中日
3広島
4巨人
5阪神
6ヤクルト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です